美しきトスカーナから!イタリア語も!美味しさも!楽しさも!

イタリア・トスカーナから美しきトスカーナ情報やイタリア語会話レッスン、イタリア料理レシピ等、イタリアに関する様々な報情をお届けします。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

チェッレ修道院とコルトーナ 

トラジメーノ湖のそばの宿のオーナーが、「ちょっと、遠回りになるかもしれませんが、是非、是非、是非、チェッレ修道院とコルトーナに足を延ばして訪れて下さい!」と強く勧められたので、急きょ、行くことにしました。

さて、コルトーナは世界中の人々に知られている村で、イタリアのトスカーナの中で一番きれいなボルゴ、いわゆる、中世時代の村なのです。
トスカーナとウンブリアの境界沿いにある、標高600mのコルトーナは、紀元前の8世紀から7世紀までの間に、イタリア先住民のエトルスキーによて設立され、中世時代にかけて栄えていたそうです。
現在は、特に、大勢の外国人に愛されており、文化や観光で賑わっている村でもあります。

さて、コルトーナの近くに着くと、急に、目の前の山の上の方に、城壁に囲まれた村が見えることに驚かされました。
cortona_g1
城壁沿いの道を車で登っていくと、城壁の幾つかの門の近くに駐車場があります。なので、車は城壁の外の駐車場に置いて、歩いて、コルトーナの城壁の中に歩いて行けるのです。
でも、私達は、まず、コルトーナの上にあるチェッレ修道院を見学してから、戻ってくるようにして、コルトーナを見学することにしました。
チェッレ修道院は、車で山道を登ればすぐ行けると言う場所ではなく、狭い道を山奥まで入るような感じでようやく辿り着いたかという感じでした。この山道は、車がすれ違えないくらいに狭くなっているので、チェッレ修道院の手前に車を止めることにしました。

車から降りて歩き始めましたが、辺りは、手つかずの山奥の中にある、神秘的で野性的な何とも言えない美しい大自然の環境なのです。そして、ところどころに、きれいな別荘もあり、チェッレ修道院に辿り着くまでもワクワク気分で歩くことが出来ました。

この場所を最初に気に入った人が、サン・フランチェスコなのです。
彼は、初めに、ここに辿り着いたとき、この神秘的な場所は、この世で最も天国に近づける場所であると思い、この上ない、最適な祈りの場と考えたそうです。
当時は、修道院がまだ建てられてなく、ただ、岩山の絶壁にあるCelle(幾つかの洞穴の部屋)を農民たちが農機具を保管したり、家畜の餌置き場にしたりと利用していたそうです。
これを見たサン・フランチェスコは、これらのCelleをヒントに、1211年に「よし、ここに修道院を作ろう!」と考えたのです。これが、サン・フランチェスコが最初に造った修道院であり、長い期間、何度も何度も訪れていた大好きな祈りの場所だったのです。

さて、私たちは、修道院に着くと、上から見下ろすように修道院の全てが見えてきました。
中世時代に建てられた修道院を見事に再現しており、外壁だけではなく、中に入っても、4畳半の部屋よりもずっと狭いサン・フランチェスコの祈りの部屋も忠実に再現されているので大変興味を持って見学することが出来ました。
その窓の無い小さい暗い部屋には、縦横20センチくらいの壁穴があって、そこから食べ物を受け取っていたのだと思います。
サン・フランチェスコの祈りに対する熱い思いを感じることができ、再び、サン・フランチェスコの凄さを見せつけられた感じで心から感動することが出来ました。

チェッレ修道院で撮った写真です。
フラーテの祈りの時間などが書いてありました。
eremo_celle1

チェッレ修道院の入り口です
eremo_celle2


これがチェッレ修道院!
eremo_celle3

学生たちがチェッレ修道院を見学した後、感想などを出し合って話し合いをしているところ!
eremo_celle5

この部屋の奥が、サン・フランチェスコの祈りの部屋!
eremo_celle7

サン・フランチェスコの祈りの部屋の入口!そして左上の壁穴から食事をもらっていたそうです。
eremo_celle8

フランチェスコの祈りの部屋です!
eremo_celle9

ここでは大きな声を立ててはいけません。と言うのは、現在もフラーテが1日の中で多くの時間、祈り続ける場所として住んでいるため、静けさを保つことが要求されるのです。

例えば、お土産品を売っている売店に入っても、お店の人(フラーテ)は誰もいないのです。「用事がある人は、この鐘を鳴らして! 」と書いてあったので、お土産品を選んでお金を払うために鐘を鳴らしました。
そしたら、お店から離れた場所の建物の窓が開く音が聞こえ、祈っていたフラーテが窓を開けて、「お金はお店の中の箱の中に入れていただけますか。」と親切に教えてくれて、静かに窓を閉めたのでした。
店の中をよく見てみたら、小さな段ボール箱が置いてあり、その横に、「お金はここに入れて下さい!」と小さな文字で書いてあったのでした。私たちは、お土産品に貼ってある価格のお金を箱に入れてお店を出ましたが、売り手と買い手が昔ながらの信頼関係で結ばれた支払い方法が特に印象に残りました。

もう少しここに滞在していたい気分でしたが、次のコルトーナの村を見る時間も考えると、急いでここを去らなければならず、こんなにも素晴らしい場所は、また、次回、再び訪れるぞと心に近い、コルトーナに向かうことにしました。

*******

コルトーナは沢山の人々で華やかに賑わっており、外国人観光客が大勢いて、その中でも、イギリス人の多いことに驚きました。
イギリス人の大好きな雰囲気を持つコルトーナには、きっと、沢山のイギリス人が別荘を持っているのだろうと想像したくらいです。
コルトーナの特徴は、コルトーナが栄えていた時代に建てられた立派な宮殿が印象的です。
コルトーナで撮った写真をご覧ください。

コルトーナのシンボルである宮殿
cortona_g2

山の上から見下ろすように撮ったコルトーナ
cortona_g3

コルトーナの美しい街並み
cortona_g4

コルトーナは、どこを見ても美しかった!
cortona_g5

建物の外壁にモザイクが・・・
cortona1

cortona2


cortona3


村全体が、石畳で作られており、村の中には、昔ながらの小さなお店が並んでいます。それは、トラットリア、エノテカ、オステリア、手作り品の民芸品店などが沢山並んでいて、物の豊富さや賑わっている様子が、村を歩く観光客を楽しませてくれるのでした。
ここでも、私たちは急ぎ足で回ったので、やはり、次回、コルトーナを訪れてゆっくり見学したいと思ったのでした。

★☆★☆★

イタリア語会話リスニング教材「ascoltiamo in italiano 1」の100会話をダウンロードしよう!

http://italianojuku.com/sub50.html
asco1cover_mini

 

イタリア語会話リスニング教材「ascoltiamo in italiano 2」の80会話をダウンロードしよう!

http://italianojuku.com/sub60.html
asco2cover_mini

 

「イタリア語会話リスニング教材!遂に完成!」のasco.1のブログ記事

http://italianojuku.blog135.fc2.com/blog-entry-200.html

 

スカイプ イタリア語会話レッスンの様子を動画でご紹介しています!



スポンサーサイト

イタリア・トスカーナでのご滞在はいかがですか? 

イタリア・トスカーナでのご滞在はいかがですか?
ホームステイ1泊でも2泊でも無料でお泊めします!
イタリア語リスニング教材の執筆が忙しく、1年間、ホームステイをお休みしておりましたが、次の教材執筆で忙しくなるまでの間、ホームステイを喜んでお受けすることにいたしました。
昨年お休みしてご迷惑をかけた代わりに、特別に、2017年2月中旬までのホームステイ宿泊料金を2泊まで完全無料でお受けすることにしました。
そして、自宅とGrosseto駅間の送迎も無料とさせていただきますので、この機会にどうぞトスカーナ・マレンマを思う存分楽しんでいただきたいと思います。
http://italianojuku.com/sub7.html

poggioantico1a

poggioantico7

poggioantico

saturnia9

saturnia7

モンテラブロ

サルビア・ノチ・パスタ2

ravioli16

好きな言葉1

好きな言葉2

好きな言葉2a

monte labro2

roccalbegna

monte labro5

saffron ice9


場所はイタリアのGrosseto県のRoccalbegnaにありますので、Grosseto駅まで来ていただけますと車でお迎えに行きます。
メールでのご連絡は marchesifiorenza@hotmail.com までお願いします。

テーマ: トスカーナ便り

ジャンル: 海外情報

グラツィエッラ 

私たちのマレンマでの暮らしをより簡単にしてくれるのがグラツィエッラの農家である。
なぜなら、彼女の直売店では、食品のほとんどの物を買えるからです。全てが無農薬有機栽培で、野菜、果実、米、小麦、パスタ、肉、チーズ、調味料、(トマト)ソース、豆類等など、常に食べるものをほとんど全て入手できるのです。その全てが美味しく、やはり無農薬有機栽培食品の美味しさにこだわる者にとってはとても貴重なものです。私たちも結構自分たちで作っている方ですが、今年のような干ばつ続きでは水の問題も有り、グラツィエッラの野菜に頼れるのでとても助かりました。

さて、グラツィエッラの農家は、グロッセート郊外の平野にある100ヘクタール以上もある大規模な農家です。
マレンマの農家の特徴の一つが、女性も逞しく、男性同様に、又は男性以上にバリバリ働くと言うことで、昔からマレンマでは女性が大黒柱になる傾向が強いのです。紀元前に、このマレンマに住んで繁栄していたエトゥルスキの社会構造も、女性上位の社会を築き上げ、女性が権限を持ち、秩序を持った穏やかな暮らしをしていたことが歴史書に記されているのです。なので、私の個人的な想像ですが、マレンマーニにはエトゥルスキの血筋と言うか遺伝子が受け継がれているような気がします。それを裏付けるかのように、グラツィエッラの考えひとつで、無農薬有機栽培の大規模農家を始めたことや、グラツィエッラ一人が全ての大勢のお客との信頼関係を担っていること、グラツィエッラが畑作業も、直売のお店でも大活躍していること、そして、北イタリアでは考えられない「農家が顧客サービスをすること」に力を入れていること、特にこの顧客サービスを今回は紹介したいのですが、それは、毎年7月末に、お客様感謝祭として、お客さん全員を招いての無料食べ放題と言う盛大で豪華な夕食会を開催していることです。この食事会パーティーの開催を決めているのもグラツィエッラ。

時期は、農家にとって大変忙しい時期、且つ1年で最も暑い時期にもかかわらず、家族全員はもちろん、親戚や友人たちをスタッフに加え、1週間も前から夕食会の準備をするのです。招かれるお客さんの人数はなんと400人以上と言うから驚きます。そして、皆がお腹いっぱいになるほど準備されているのにも再び驚かされます。メニューも豊富で、バーベキューやピッツァからベジタリアン・べガンメニューも用意し、オードブルやワインから数々のプリモピアット、セコンドピアット、フルーツ、ケーキ等のデザートなど、全ての材料が自家製の手作りメニューと言うのも、感心すると同時に驚きです。

セルフサービスで皆さんが食べたいメニューを選んでいるところ
グラツィエッラ1

マレンマ風ブルスケッタ!ニンニクとトマトとオリーブオイルの組み合わせが最高です。ベースのパンも全て自家製。
グラツィエッラ2

ひよこ豆料理
グラツィエッラ3

夕食会の様子
グラツィエッラ4

生バンド演奏や歌声をBGMとして聴きながらの夕食会はムード最高
グラツィエッラ5

暗くなるまで演奏や歌を披露してくれました。おかげで素晴らしい夕食会になりました。
グラツィエッラ6

牛を数十頭以上も飼っています。新鮮で美味しい!物凄い量のステーキが焼かれました!
どのくらい?400人分よ!
グラツィエッラ7

会場はいい雰囲気のまま、マレンマの夕暮れ時を経て暗くなるまで続きます。
グラツィエッラ8

豆料理、ナス料理、ズッキーニ料理、肉料理、・・・豊富なメニューが並んでいました。
グラツィエッラ9

美味しいメニューがセルフサービスで食べ放題!皆さんが本当にお腹いっぱい食べていました!
グラツィエッラ10

自家製のメロンとスイカ。どちらも甘く美味しい。私たち家族は、グラツィエッラのこのメロンとスイカを今年は数えきれないほど食べました。「ごちそう様」でした。
グラツィエッラ11

セモリーナをベースに生クリームとヨーグルトをミックスさせて果汁をかけた美味しいトラディッショナルなデザート!
グラツィエッラ12

所狭しと大勢の人で会場が賑わい、招かれた皆さんが、ワインに、和やかな雰囲気に、そして美味しさに、酔っていました。
グラツィエッラ13

一番右がグラツィエッラ。グラツィエッラとスタッフたちは、お客様に感謝して夕食会に招いてくれましたが、逆に私たちお客がグラツィエッラ達に感謝しなければと心から思いました!「本当にありがとう!!!」
グラツィエッラ14

グラツィエッラの農家の商品は、イタリア全国に直送されています。
グラツィエッラの農家(企業名はサン・フランチェスコ)のサイトは下記です。
http://www.sanfrancescobio.com/



田舎暮らし ブログランキングへ


イタリア語 ブログランキングへ
↑貴方のクリックが次の記事への活力源となっています!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」! 
現在、上級クラスの3名でのグループレッスン(450円/1レッスン・お一人)にお一人の方が申し込んでいます。このグループレッスンへの参加をご希望される方は、サイトのお試しレッスン予約フォームからお知らせ下さい。
http://italianojuku.web.fc2.com/

海外旅行にとっても便利!私も携帯で通訳する“私の通訳者「マイ・インタープリター」”
http://myinterpreter.web.fc2.com/

私のfacebookサイトは、
http://www.facebook.com/fiorenza.marchesi?sk=info&edit=basic#!/fiorenza.marchesi です。

クリックして応援してください!

FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 
皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!

テーマ: トスカーナ便り

ジャンル: 海外情報

マレンマ―ノ 

太陽が昇り、太陽が沈むマレンマ。
広大な土地を朝から晩までひたすら耕す体格の良い人、それはマレンマーノのイメージである。
マレンマ―ノ(Maremmano)とはマレンマ住民のことであり、マレンマーニ(Maremmani)はその複数形。この土地に残った人々は、やはりタフで負けず嫌いな人ばかり。山のマレンマでは、寒い冬にも耐えて、干ばつの厳しい夏にも耐えなければならないからだ。住む人にとって、こんなにも厳しい土地であるにもかかわらず、マレンマーニは自分の生まれたこの土地を大好きなのである。マレンマーニは幼い頃から自分だけに頼ることを身に付けるのだ。マレンマは、昔から人口密度が低いので、都会の街の人々のようにコミュニケーションは盛んではない。各家は離れているし、それぞれが数ヘクタール以上の土地を所有しているので、自分たち家族だけで生活の全てを支えることに慣れて来たのだ。ほとんどのマレンマーニは、昔からほぼ自給自足をしている。例えば、牛や羊を飼い、ミルクを搾りチーズ(formaggio)を作ったり、肉も食用として直売し、その他、広大な土地を利用してオリーブや小麦栽培をしたり、豚を飼ってサラミを作るのが習慣となっているので、家族の食べ物は自給自足できるくらいに豊富にあるのだ。それで、マレンマーニの男性や女性の体格は、がっちりした人がほとんどなのだ。

牛と言えば、イタリアではマレンマ以外の他の地域では見られないマレンマ特有のカウボーイがいる。
マレンマ1

イタリア語ではカウボーイをブッテロ(Buttero)と言う。
マレンマ2

車で走っている時、馬に乗った数人のマレンマーニのブッテリが、走っている車を急に止め、道路全体を占領して歩く牛の群れを誘導している風景に出会うのも珍しくは無い。こんな時は、いくら急いでいたとしても、ただ待つしかない。カメラがあれば珍しいスナップショットを撮るいいチャンスになる。この牛の群れの大移動は、春と秋に見られ、平野に飼われている牛たちを丘の広大な草原まで連れて行く往復の時に見られるもので、イタリア語ではTransumanza(移牧)と呼ばれている。

そして、グロッセートの南方面には、ウッチェッリーナ自然公園(Parco dell’Uccellina)がある。
マレンマ3

マレンマ4

そこでは、ブッテリが観光客相手に、乗馬しながら輪の付いたロープを投げて牛を捕まえたり、ロデオのショーをするなどして観衆を引き付けるのである。
マレンマ5

マレンマ6

このように生活しているマレンマーニなので、開拓魂が強く性格はとてもドライ。自分で自分の仕事や生活を切り開いていく人ばかりなのだ。だから、他人に特別に優しくして自分の為に何かをしてもらう必要が無いので、いわゆる義理人情などは無いのである。人との付き合いなども、気が合う人とだけ付き合うことになるようだ。それで気が合う人同士が付き合うようになれば、お返しを期待せずに、沢山の自分で生産したものを差し上げるなど、強い絆で繋がれることになる。

さて、私にとってのマレンマーノの代表は、グラツィエッラと言う人である。彼女は、このマレンマで、見事に、無農薬有機栽培の大きな農家を作り上げた人だ。次回は彼女のことを綴ってみる。


田舎暮らし ブログランキングへ


イタリア語 ブログランキングへ
↑貴方のクリックが次の記事への活力源となっています!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」! 
http://italianojuku.web.fc2.com/

マレンマ・トスカーナの私の自宅でのホームステイはいかが?
http://italianojuku.web.fc2.com/sub7.html

海外旅行にとっても便利!私も携帯で通訳する“私の通訳者「マイ・インタープリター」”
http://myinterpreter.web.fc2.com/

私のfacebookサイトは、
http://www.facebook.com/fiorenza.marchesi?sk=info&edit=basic#!/fiorenza.marchesi です。

クリックして応援してください!

FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 
皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!


テーマ: トスカーナ便り

ジャンル: 海外情報

マレンマ 

トスカーナは綺麗なフィレンツェやシエナだけじゃない。
トスカーナにはマレンマもある。特にフィレンツェからシエナを通ってグロッセートのある南西方面へ下っていくと、風景が急に変わるのに気づく。なだらかな丘陵地帯の凹凸が、季節によって何とも言えない神秘的な美しさを感じさせてくれる。
papaveri

その丘陵地帯を過ぎてグロッセート、オルベテッロ、アルジェンタリオ、タラモーネ、カパルビオ、カスティッリョーネ・デッラ・ペスカイヤなどのある海沿いに近づくと、松ノ木の風景がとても魅力的な海を感じさせてくれる。今紹介したトスカーナの丘やグロッセート県周辺の海沿いがマレンマと呼ばれている。
argentario

Castiglione

marina

マレンマの意味は「沼地、湿地」である。今、マレンマの道路を走ると、広大なひまわり畑や麦畑が延々と続き、所々に羊の群れやマレンマ水牛に出会える。
girasole

grano

mucche

そして、広大な土地には農作業をしてるトラクターや干し草(Fieno)の円柱形が沢山置かれているので、のどかな田園風景を感じさせてくれる。
fieno

しかし、一昔前のマレンマの海沿いは、ほとんどが沼地だった。数世紀に渡って、マレンマは貧困とマラリアを意味していた。海沿いのマレンマはマラリアで死者が続発し続け、山のマレンマ(今、私たちが住んでる地域あたり)は山賊が出没する地域でした。

1800年頃にフィレンツェの貴族が長年に渡ってマレンマの沼地を干拓(Bonifica)したことをきっかけにマラリアは完全になくなったのである。しかし、貧困やマラリアの歴史が長かったことで過疎化が進み、現在はイタリア中で最も人口密度の低い地域となったのも事実。

fiume
最近は、このマレンマの未開発で大自然な魅力が見直されて、世界中からマレンマを愛する人々が訪れたり、住みつくようになってきている。トスカーナのマレンマと言えば、「Casa Vacanza」の代名詞となっており、癒しの目的で長い夏休みをのんびり過ごせる魅力的な地であることは世界的に有名で、グロッセート県だけでアグリツーリズモの数は、なんと7000軒にも上るほどである。そして、この広大な土地マレンマのもう一つの歴史を紐解くと、紀元前にはイタリアの先住民と言われているエトゥルスキがマレンマに住み着き、そのエトゥルスキの社会がこのマレンマで繁栄していたと記されている。

さて、マレンマ人の性格は、他のイタリアの地域では見られない独特の性格があり、この性格についてのお話は次回のブログで紹介します。


田舎暮らし ブログランキングへ


イタリア語 ブログランキングへ
↑貴方のクリックが次の記事への活力源となっています!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」! 
http://italianojuku.web.fc2.com/

マレンマ・トスカーナの私の自宅でのホームステイはいかが?
http://italianojuku.web.fc2.com/sub7.html

海外旅行にとっても便利!私も携帯で通訳する“私の通訳者「マイ・インタープリター」”
http://myinterpreter.web.fc2.com/

私のfacebookサイトは、
http://www.facebook.com/fiorenza.marchesi?sk=info&edit=basic#!/fiorenza.marchesi です。

クリックして応援してください!

FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 
皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!

テーマ: トスカーナ便り

ジャンル: 海外情報

Buon Anno!!! Castiglione della Pescaiaに行ってきました! 

Buon Anno!
今年は、イタリアを含めて、ヨーロッパでは経済危機が進み深刻な状況が続くと言われていますが、私は、経済危機でも落ち込まないようにマイペースで今日のことだけを考えて一生懸命頑張り続けるつもりです。
・・・でも、万が一のことを考えて、畑をもっと増やそうかなぁ・・・

さて、冬の海を見たくて、カスティッリョーネ デッラ ペスカイア(Castiglione della Pescaia)に行ってきました。
グロッセートから車で20分、自宅からはトスカーナの丘陵地帯の田舎道を通って1時間ほどで行ける場所です。

春や秋のよい季節には、一つ手前のマリーナ ディ グロッセートからカスティッリョーネ デッラ ペスカイアまでの海沿いの林の中を時々サイクリングしますが、とても空気がよく、海水浴+森林浴ができる最高のスポットです。

夏は、海水浴や釣り、サイクリング、ウインドサーフィン、カイト、モーターボートなどでとても賑やかです。

カスティッリョーネ デッラ ペスカイアのポートには沢山の船やモーターボートが並んでいて、海に面した小高い丘の上にあるお城はとても絵になります。
castiglione1

赤い灯台は、漁の後、未明に戻る船にとっては目印のポイント。この灯台の外壁は赤いモザイクで作られているので近くで見てもとても綺麗。
castiglione2

丘の頂上にあるお城まで歩いてみることにしました。
castiglione3

丘の上から眺めたマリーナ ディ グロッセート方面の景色です。
castiglione4

教会
castiglione5

カスティッリョーネ デッラ ペスカイアの小道はこんな感じ
castiglione6

情緒ある石畳の小道が続く・・・
castiglione7

カスティッリョーネ デッラ ペスカイアのお城
castiglione8


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」!
http://italianojuku.web.fc2.com/

海外旅行にとっても便利!携帯で通訳する“私の通訳者「マイ・インタープリター」”
http://myinterpreter.web.fc2.com/

クリックして応援してください!


FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 

皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!


テーマ: トスカーナ便り

ジャンル: 海外情報

トスカーナの素晴らしいアグリツーリズモ“il Casalino” 

トスカーナの素晴らしいアグリツーリズモ“il Casalino”

以前、当ブログで紹介したペトリオーロ温泉の近くに、アグリツーリズモ「イル・カザリーノ」があります。70ヘクタールの広大な土地を持つイル・カザリーノは、10年前に北イタリアのアンナ家族に買い取られ、5年間、建築職人やアーティスト等の専門家たちによって、見事に改築したのです。オープン後、5年経過した現在、イル・カザリーノの魅力に惹かれ世界中から沢山の旅人が訪れています。その魅力とは、ペトリオーロ温泉やトスカーナの大自然とともに、イル・カザリーノのアンティックとモダンを融合した家の造り、そして、アンティックな家具、調度品などの素晴らしさです。また、アンナの長男ロレンツォの手料理は、トスカーナの美味しさを味わいたい方を大満足させてくれます。アンナはグロッセート県のタンゴ協会のプレジデントでもあり、イル・カザリーノでも「タンゴダンスの夜」を度々企画してくれるので、興味のある方はお尋ね下さい。

アグリツーリズモ「イル・カザリーノ」
casalino1

casalino2

casalino3

casalino4

イル・カザリーノの玄関の一角
casalino5

中庭
casalino6

テレビやステレオはご自由にどうぞ!
casalino7

大きなリビングルーム
casalino8

オーナーのアンナ
casalino9

この日、ご馳走になったチーズやサラミ!
casalino10

アンナ家族。皆さんとても優しい方です。
casalino11

お部屋の一つ。お部屋は全て個別のキッチン、バス、トイレ付きです。
casalino12

お部屋の一つ。
casalino13

ジャグジー付きのお風呂も・・・
casalino14

お部屋の一つには、アンチックな洗面台が飾られているお部屋も・・・。石壁の前に置いてあるのが素敵です。
casalino15

お部屋の一つには、こんなに素敵な洗面所も・・・。有名なアンティック職人が手掛けたタイルの壁だそうです。
casalino16

透明樹脂製の仕切りのある近代的なシャワーユニットが、見事な石壁と調和している。
casalino17

6人用ジャグジーバス!壁は全て有名なモザイクの専門家によって造られたのだそうです。
casalino18

お部屋の一つに付いているキッチン! トスカーナのアグリを感じさせる魅力溢れるキッチンで作る料理は格別!?
casalino19

上の写真のキッチンの横にあるリビング。カントリー風のリビング・ダイニングキッチンの味わいのある雰囲気をどうぞ!
casalino20

お部屋の一つ。キッチンの天井や壁からもトスカーナの雰囲気が・・・
casalino21

上の写真のキッチンの手前は、暖炉が置いてあるリビング!
casalino22

この石壁の芸術性の高さに、つい見とれてしまった・・・
casalino23

イル・カザリーノでは、大きなプールで泳ぐもよし、また、イル・カザリーノの宿泊客ならではの特典として、近くのペトリオーロ温泉の5つ星ホテルが経営するホテル内温泉施設を割引料金で利用できます。更に、ペトリオーロ温泉の無料露天風呂から徒歩2分のところに新しい温泉施設が今年オープンしました。半日(8ユーロ)や1日(10ユーロ)の日帰り温泉、温泉治療、エステ・マッサージなど、のんびり温泉三昧でくつろぎたい人にとっては、温泉天国となります。イル・カザリーノに宿泊されると、この新しい温泉施設の温泉治療コース等も割り引きされるので大変お得です。

アグリツーリズモ「イル・カザリーノ」や温泉利用は、お車でのご利用が望ましいのですが、運転をされない方には、私が窓口となり、観光送迎もお受けいたしますので marchesifiorenza@hotmail.comまでご連絡下さい。

アグリツーリズモ“il Casalino”の英語版サイトは下記。大きなプールなど、敷地内の様子の写真が沢山掲載されています。
http://www.ilcasalino.com/Holiday-Farm-Tuscany-Italy.asp



クリックして応援してください!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」!
http://italianojuku.web.fc2.com/

海外旅行にとっても便利な携帯通訳のお薦めサイト“私の通訳者「マイ・インタープリター」”
http://myinterpreter.web.fc2.com/


FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 

皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!

「モンテ アルジェンタリオ」 

9月初めのモンテ アルジェンタリオはとっても綺麗だった。グロッセートの南に位置するモンテ アルジェンタリオにある港町のポルト サント ステファノの近辺の海は、淡いエメラルドグリーンに輝く海の色とドロップオフの濃紺の青さが眩しくて、・・・でも、長い時間眺めていた。この時期は観光客 も8月に比べ少ないので、快適ドライブで、行きたい場所へ自由にアクセス出来るのがいい。

monteargentario1

カーラ・デル・ジェッソの海岸
monteargentario2

カーラ・グランデの海岸
monteargentario3

暫く海の景色の素晴らしさに 魅せられていたが、お昼過ぎに家を出たので、お腹も空き、まずはお薦めのレストランで腹ごしらえ。ここは、ジッリョ島に行く出発地点の直ぐ隣のレストラン 「Palombaro」。新鮮な魚介類が良心的なお値段で食べれるとあって、また、眺めが最高のレストランなのでお薦めします
monteargentario4

レストランの名前の「Palombaro」は、1937年頃に使用していた潜水具のことで、これが入り口のところに飾られていた。私もスキューバダイビングの経験はあるが、昔は海にもぐるのが大変だったようだ。
monteargentario5

盛り合わせの他にイカ リングのフライを食べたが本当に美味しかった。
monteargentario6

そして、アルジェンタリオの綺麗な濃紺の海は、本当に素晴らしかった。
monteargentario7

モンテ アルジェンタリオの綺麗な街並みと海を紹介している動画もどうぞ!


クリックして応援してください!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m
ブックマーク:

FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 

皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!

テーマ: トスカーナ便り

ジャンル: 海外情報

サン・ガルガーノ修道院と「岩に刺さった剣(つるぎ)」 

日本のガイドブックに載っていない美しきトスカーナの中で是非訪れていただきたい観光スポットをご紹介します。
1218年に建てられたサン・ガルガーノ修道院(Abbazia di San Galgano)と、そこから歩いて15分くらいの場所に有る、祈りの為の隠れ家として使われたモンテ シエピ エレモ(Eremo di Monte Siepi)は素晴らしいです。モンテ シエピ エレモに保存されている「岩に刺さった剣(つるぎ)」は、神秘的で有名です。

sangalgano6
上と下の写真はサン・ガルガーノ修道院(Abbazia di San Galgano)を外から見たところ。
sangalgano2

サン・ガルガーノ修道院は、シエナから南に45km下ったところで、シエナとマッサ・マリッティマを結ぶちょうど中間地点にあります。
サン・ガルガーノ修道院の屋根の無い独特な構造は、古代エジプトのファラ王が寺院の屋根を取り除いて、天からの神々が入りやすくなるようにしたことの言われを受け継いだものとされています。また、フランスのシャルトレ寺院の構造にも似ているそうです。
sangalgano3

sangalgano4

sangalgano5


アルトゥ王の「タヴォラ ロトンダの騎士(Cavalieri della Tavola rotonda)」は、映画や伝説の物語としても知られておりますが、そのアルトゥ王の騎士として仕えた実在のガルガーノ騎士が、ある日、神の夢を見て、神から導かれるようにして馬に乗り、岩の有る場所に来て、その岩に自分の剣を刺し、それを十字架にして祈った。ガルガーノ騎士は「私(神)の後を付いて来なさい」と神の声が聞こえ、その日を境に、剣を捨て、修道院で祈る日々が続き、後に、多くの人々に奇跡的な癒し活動を行ったことでサン・ガルガーノ(聖者ガルガーノ)と 言われるようになったのですが、聖者ガルガーノについての書物が数多く残されています。現在でも、モンテ シエピ エレモの中には、岩に刺さった剣が保存されており、また、サン・ガルガーノ修道院の中では、イタリアの有名な歌手やグループによるコンサート会場として利用されております。これらは一見の価値ありで、是非お薦めしたい場所です。

イタリアの有名なグループ歌手「イ・プー」がサン・ガルガーノ修道院で歌った動画をどうぞご覧下さい!


 
サン・ガルガーノ修道院の中で夜を過ごす人は、現在でも神秘的でミステリーな何かを感じると言われており、多くの観光客が訪れるようです。

モンテ シエピ エレモ(Eremo di Monte Siepi)
sangalgano1

モンテ シエピ エレモの中にある「岩に刺さった剣(つるぎ)」
sangalgano

クリックして応援してください!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村ポチっと応援お願いしますm(_ _)m


FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 

皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!

テーマ: イタリア

ジャンル: 海外情報

ピティリアーノのユダヤ人地区博物館 

中世時代の雰囲気が漂う「トゥフォ(凝灰石)の街」として知られているピティリアーノのユダヤ人地区博物館に入館して見てきました。当時のユダヤ人の生き方や儀式、苦悩などを詳しく理解でき、特に、第二次世界大戦の終わる直前に、ピティリアーノに生まれたユダヤ人達がドイツのアウシュビッツに連れ出され、虐殺された事実が、実際に証拠品を見ることで心に痛さが残る感じを受けました。
ピティリアーノ1

ピティリアーノのユダヤ人地区の歴史を遡ると、1400年代の末期頃、ピティリアーノはユダヤ人の重要な中央イタリアの隠れ家となった。そして、ピティリアーノに住み着いたユダヤ人は1598年に教会を設立した。1600年の初期にメディチ家はトスカーナの大公国を広げる為に、南トスカーナの伯爵領を加えたが、そこに住んでいたユダヤ人はユダヤ人地区に追いやられた。しかし、ユダヤ人による経済と貿易上の役割が大きかったので、ユダヤ人の重要性が認められ、特別に様々な待遇や許可を受けるようになった。
このような状態が数世紀続き、ユダヤ人とピティリアーノ住民の間にはお互いに慣用的な関係が築かれた。
そして、ピティリアーノのユダヤ人地区は「小さなエルサレム(La Piccola Gerusalemme di Pitigliano)」と呼ばれるようになった。
ピティリアーノ2

1900年代の経済・社会状況の変化に応じ、ピティリアーノのユダヤ人はイタリア各地に移り住むようになったが、第2次大戦中にユダヤ人に対して人種差物の法律が出来るなどユダヤ人は迫害を受け、ピティリアーノのユダヤ人地区は幕を閉じることになった。
このように、ピティリアーノの歴史にはユダヤ人地区が大きく関係しているので、1997年に「小さなエルサレム」と呼ばれる協会が設立され2002年にこのユダヤ人地区博物館ができた。
ピティリアーノ3祭式用の女性風呂
出産や月経の時に使用されていたそうです。
ピティリアーノ4

ピティリアーノ5イースト無しのパンを焼くフォルノ
ユダヤ人は宗教上、イースト無しのパンを食べるのですが、そのパンや復活祭のお菓子を作っていたフォルノ(釜)の部屋で作業中の写真です。
ピティリアーノ6

ピティリアーノ7

ピティリアーノ8

ピティリアーノのユダヤ人が第2次大戦中にドイツのアウシュビッツに連れて行かれて虐殺された人達のリスト。
ピティリアーノ9

アウシュビッツの収容所
収容所に直接、線路が結び付けられ、ユダヤ人からは「死の門」と呼ばれた。
ピティリアーノ10
博物館の中の一部のみを紹介してみましたが、他にも沢山展示されています。

ユダヤ人地区内のお店では、ユダヤ人伝統のパンやお菓子などが販売されています。
入場料は大人が3ユーロ、12才までが2ユーロ。入館時間は10時から12時まで、午後が15時から18時まで(土曜日のみ休館)

">クリックして応援してください!
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村ポチっと応援お願いしますm(_ _)m

テーマ: トスカーナ便り

ジャンル: 海外情報

イタリアで最も美しいボルギ(村)の一つであるソヴァーナ 

イタリアで最も美しい村の一つ (uno dei borghi piu` belli d'Italia)と言われているソヴァーナ(Sovana)を紹介します。
チェントロの広場です。
ソヴァーナ7

建物は全てトゥフォの石で造られています。村の中はあちこちに花が飾られてとっても綺麗!
ソヴァーナ6

ソヴァーナは、エトルスキの村と呼ばれ、紀元前7世紀のエトルスキ人の住んでいた村の様子や遺跡・お墓が数多く残っており、エトルスキ遺跡巡りの観光地として有名なスポットです。

エトルスキの村ソヴァーナは紀元前3世紀頃に最盛期を向かえ、ローマ帝国の文化が進出した影響を受けながらも、独自の文化を維持し、その証拠として、数多くの宮殿やお墓を見ることが出来ます。

最大級のお墓イルデブランダ。(紀元前3世紀)
ソヴァーナ1

お墓イルデブランダの上部には宮殿の一部分の柱が完全な形で残されている。
ソヴァーナ2

岩石を削って造られた地下室のようなお墓も・・・
ソヴァーナ3

エトルスキ文化の特徴は、女性社会であったこと。政治も含め権力者は全て女性が占めていたそうです。
その象徴とみられる女性のシンボルの紀元前3世紀頃の遺跡物も発掘されています。次の写真は、天子の羽根を持つ女性の像が彫られています。脚は人魚姫のようになっているように見えますが、権力を誇示するかのように大蛇かドラゴンに跨っているようです。
ソヴァーナ4

王様・貴族達のお墓に向かう道の両側の石壁にもお墓の洞穴が沢山あります。
ソヴァーナ5

ソヴァーナは、ローマ帝国、フィレンツェ、シエナ圏などの力のある地域の権力争いに巻き込まれ、1640年頃には過疎化を防ぐ目的でギリシャから200世帯の家族が送り込まれたのでしたが、マラリア等の伝染病の発生で全てが滅んでしまい、繁栄させることはできませんでした。
現在のソヴァーナは、ソラーノ市の管轄となり、ボルゴ(村)の再建に力を入れ、美しい村は訪れる多くの観光客の目を楽しませてくれます。

クリックして応援してください!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村ポチっと応援お願いしますm(_ _)m

テーマ: トスカーナ便り

ジャンル: 海外情報