美しきトスカーナから!イタリア語も!美味しさも!楽しさも!

イタリア・トスカーナから美しきトスカーナ情報やイタリア語会話レッスン、イタリア料理レシピ等、イタリアに関する様々な報情をお届けします。

12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

手作りラビオリ 

ラビオリ(Ravioli)は餃子と違って、イタリアならどこででも買える。スーパーの茹でるだけの安いラビオリから、手作りパスタのお店から買う高価なラビオリまでいろいろ選べる。でも、家族が好む手作りの味は、やはり自分たちで作ってこそ、美味しさプラス満足感を味わえるのです。
普通、ラビオリの中に入れる具は、肉(Carne)とかリコッタ(Ricotta)チーズとホウレンソウ(Spinaci)、キノコ(Funghi)等などお好みに合わせて入れればいいけど、今回のラビオリは、甘い美味しいカボチャ(Zucca)が手に入ったので、ベジタリアン風カボチャのラビオリを作ってみました。
道具は、パスタマシンと麺棒とラビオリの型だけど、ラビオリの型は無くても大丈夫。
4、5人分の材料は、小麦粉(Farina)500g、卵(Uova)5個、塩少々、カボチャ、お好みに合わせたカボチャの味付け用ハーブ(Sale slle erbe)、パルミジャーノ(Parmigiano)チーズ。

まず、パスタマシンでパスタ生地を作ります。薄すぎると途中で生地が破れたりするので、厚過ぎず薄過ぎず適当な厚みにするのがポイントです。
ravioli1

生地が出来たら、型と生地に小麦粉をふりかけて、生地がくっつかないようにします。
ravioli2
さて、このラビオリの型!長年持っていたけど使い方がわからず、お蔵入りとなっていました。型に全部入れて出来上がった後に、どうやって型からラビオリを取り出すのかがわからなかったのでした。でも、今回は、何とか考えてついに取り出し方を発見しました。
ravioli3

ラビオリの中に入れる具は、カボチャをサイコロ状に小さく切って、フライパンで少量のオリーブオイルをかけて炒めます。十分に炒めると軟らかくなり形が崩れてきますので、ゆっくりとかき混ぜて出来上がりです。水を使うとカボチャの味が薄れてくるので水を使わないのがポイントです。
ravioli4

ラビオリの型に薄く小麦粉をふりかけた後、生地を敷きます。生地の型に触れる面にも小麦粉を振りかけてくっつかないようにします。小麦粉をふりかけるのを忘れると生地が破れてしまいます。
ravioli5

生地の上に適量の具を載せていきます。
ravioli6

具は適量を。多過ぎると後でラビオリから具がはみ出してしまいます。
ravioli7

具を全部載せてから、生地をかぶせます。幅が足りない時は付け足しても大丈夫です。
ravioli8

麺棒で何度も押しつけて型内にラビオリを密着させます。
ravioli9

型に入ったラビオリを取り出します。
今回発見した取り出し方とは・・・・
何と、型を反転させて型の端を持ってできるだけ強く叩きつけるだけのことでした。
ravioli10

板チョコのようにワンブロックになっているラビオリを切り離します。
ravioli11

ラビオリの型が無い場合は、
ravioli12

テーブルの上で、生地と生地の間に具を入れて切るだけです。
ravioli13

上手に切れるかなぁ
ravioli14

型が無くても大丈夫。
ravioli15

時間をかけて作った手作りのラビオリには、美味しい手作りのトマトソースが一番!
お好みに合わせてパルミジャーノをふりかけて
ravioli16

たっぷりとオリーブオイルをかけて出来上がり。
Buon appetito!
ravioli17


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」!
http://italianojuku.web.fc2.com/

海外旅行にとっても便利!携帯で通訳する“私の通訳者「マイ・インタープリター」”
http://myinterpreter.web.fc2.com/

クリックして応援してください!


FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 

皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!

スポンサーサイト

テーマ: イタリアン

ジャンル: グルメ

木の顔 

木の顔 Part1(~Part3)

なぜ、トスカーナの山奥に引っ越したの?と、よく聞かれます。普通、引っ越しは、転勤とか、大学入学とか、仕事や学校の関係がほとんどです。私たちは、学校も関係なく、仕事も捨てて引っ越したので、なんて答えたらよいか、いつも困る。結局、簡単に、ただ田舎が好きだからと言ってしまう。その答えを聞いた人からは「へ~」とか「あ~、そうですか」と頷きながら、仕事を捨てたということで、よほどお金持ちだろうと思われているのかも・・・。

気持はリッチです。その訳は、大自然の素晴らしい環境に住んでいるからです。

この家を見つけたのは、ある月刊誌の広告に、「家を売ります。場所はトスカーナの田舎。手つかずの自然環境の中で沢山の木々に囲まれた家。・・・」と掲載されていた小さな広告がきっかけでした。でも、その時は、リグーリアのジェノヴァ郊外に住んで、いい仕事もあったし、友達もいたし、まさか、そこから引っ越すことなど考えもしなかった。

不思議なことに、そのトスカーナの家のことが何日たっても気になって、いつも頭から離れない。しょうがなく、旅行気分で、その家を見に行くことにした。

7月のある日、家を見るために、家の近くにあるアグリツーリズモを2泊予約し出発したのです。
グロッセートまで高速やスーペルストラーダを利用し、グロッセートから家のある場所までは、トスカーナの幾つもの丘を越えて行きました。
パッチワークの世界のようなオリーブ畑とドングリの木々のなだらかな丘です。
あちこちで数百匹のヒツジの群れが穏やかそうに草を食べていた。目の前に広がる美しい大自然に、ただただ、見惚れるばかりだった。
木の顔1-0

木の顔1-0a

木の顔1-0b

アグリツーリズモに着くと、とても親切なオーナーのアントニオが丁重に迎えてくれた。その彼に道案内を頼んで、早速、目的の家まで連れて行ってもらった。
新築2年の家。ペルシアーナと呼ばれる雨戸がないが、すぐに住める家でした。オーナーと一緒に、家の中を見る前に、まず、広い敷地を案内してもらった。隣近所の家が見えない大自然に囲まれた場所で、特に、巨大なドングリの木々は、150年以上と説明された。いろいろな説明を聞いてわかったが、トスカーナではドングリの木は、許可なく切ってはならない。直径30センチ以上の木は、伐採の許可は下りず保護されているという。ヘリコプターで航空写真が撮られているので、切ってしまった後は、えらいことになる。もちろん罰金だ。
広大な敷地を案内されながら、それぞれの木の名前を教えてもらった。飲めるほど透明な湧水も出ている。
最後にサフラン畑に案内された。その時、サフラン!?と聞いてもピンとこなかったが、黄色いご飯のリゾットミラネーゼでは?と思ったくらいでした。
木の顔1-1

木の顔1-2

木の顔1-3

木の顔1-4

木の顔1-5

木の顔1-6

木の顔1-7

家の各部屋をゆっくり見せてもらって、アグリツーリズモに戻った。
オーナーのアントニオが私たちのために、知人など大勢を呼んで、バーベキューパーティーを企画した。
特に、フォスコを紹介したいと言ったので、どんな人物かわくわくドキドキ。

その夜、沢山の人々が次々と集まってきた。地元の人、ドイツ人、オーストラリア人、オーストリア人、そして、フォスコがやってきた。

フォスコを見て息を飲んだっ!

フォスコとピアチェーレの挨拶で握手をした時、山を見上げるような感じで、なんと、150キロ以上もありそうな大男。

声はオペラのバッソのように低く響き渡る。

そのフォスコ、信じられないが、森 の 木 々 と 喋 る !? ことが出来ると言う。(続く)

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」!
http://italianojuku.web.fc2.com/

海外旅行にとっても便利!携帯で通訳する“私の通訳者「マイ・インタープリター」”
http://myinterpreter.web.fc2.com/

クリックして応援してください!


FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 

皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!

↓クリックしてPart2の続きをどうぞ
-- 続きを読む --

テーマ: トスカーナ便り

ジャンル: 海外情報

田舎生活  :  trackback 0   :  comment 2   

手作り餃子!イタリアでも美味しく! 

日本で、よく食べていた餃子。スーパーで買って炒めるだけで美味しいし、お弁当屋さんや外食での餃子定食を本当によく食べていた。(いつも一皿に5個だけだったので、もっと食べたいと思ったことも・・)
イタリアでは、餃子がなかなか手に入らないことが分かっていたので、日本を離れる時、残念と思ったのが温泉と餃子!(だけじゃないけど・・・)
住んでいるトスカーナは、温泉天国でもあり、自宅から20分でサトゥルニア温泉もあるし・・・、でも、餃子はラビオリとは違うし、イタリアでは買えない。食べたければ、自分で手作り餃子を作るしかない。
日本のように、餃子の皮を買えれば、なんて楽なこと。
問題は「ニラ」。 ある日、敷地内でヒョロヒョロっと長い草が、あたり一面に雑草に交じって伸びているのに気づいて、ちょっと味見してみたら、なんと、ニラの味っ!
これは、餃子を作るしかないと思い、作ってみたら、イタリアでも美味しい餃子が作れました!

敷地内で採れるニラは、日本で言う「ノビル」のことでしょうか。イタリアではErba Cipollinaと言います。
gyoza0

パスタマシンで餃子の皮作りも大丈夫!
gyoza

餃子の皮となる生地作りは、コップの大きさに合わせて・・
gyoza1

コップで1枚1枚、皮を切り抜きます。
gyoza2

餃子らしく形を整えて、一つづつ・・・
gyoza3

数えてみたら110個もできました!食べきれないほど作りましたが、もちろん全部食べました。
gyoza4

ちょっと焦げ目をつけてから、お水をかけると、ジューッという音がたまらない!
gyoza5

いかがですか? イタリアでも美味しい餃子を いただきま~す!
gyoza6
Buon Appetito!!!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」!
http://italianojuku.web.fc2.com/

海外旅行にとっても便利!携帯で通訳する“私の通訳者「マイ・インタープリター」”
http://myinterpreter.web.fc2.com/

クリックして応援してください!


FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 

皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!



テーマ: トスカーナ便り

ジャンル: 海外情報

田舎生活  :  trackback 0   :  comment 0   

Buon Anno!!! Castiglione della Pescaiaに行ってきました! 

Buon Anno!
今年は、イタリアを含めて、ヨーロッパでは経済危機が進み深刻な状況が続くと言われていますが、私は、経済危機でも落ち込まないようにマイペースで今日のことだけを考えて一生懸命頑張り続けるつもりです。
・・・でも、万が一のことを考えて、畑をもっと増やそうかなぁ・・・

さて、冬の海を見たくて、カスティッリョーネ デッラ ペスカイア(Castiglione della Pescaia)に行ってきました。
グロッセートから車で20分、自宅からはトスカーナの丘陵地帯の田舎道を通って1時間ほどで行ける場所です。

春や秋のよい季節には、一つ手前のマリーナ ディ グロッセートからカスティッリョーネ デッラ ペスカイアまでの海沿いの林の中を時々サイクリングしますが、とても空気がよく、海水浴+森林浴ができる最高のスポットです。

夏は、海水浴や釣り、サイクリング、ウインドサーフィン、カイト、モーターボートなどでとても賑やかです。

カスティッリョーネ デッラ ペスカイアのポートには沢山の船やモーターボートが並んでいて、海に面した小高い丘の上にあるお城はとても絵になります。
castiglione1

赤い灯台は、漁の後、未明に戻る船にとっては目印のポイント。この灯台の外壁は赤いモザイクで作られているので近くで見てもとても綺麗。
castiglione2

丘の頂上にあるお城まで歩いてみることにしました。
castiglione3

丘の上から眺めたマリーナ ディ グロッセート方面の景色です。
castiglione4

教会
castiglione5

カスティッリョーネ デッラ ペスカイアの小道はこんな感じ
castiglione6

情緒ある石畳の小道が続く・・・
castiglione7

カスティッリョーネ デッラ ペスカイアのお城
castiglione8


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」!
http://italianojuku.web.fc2.com/

海外旅行にとっても便利!携帯で通訳する“私の通訳者「マイ・インタープリター」”
http://myinterpreter.web.fc2.com/

クリックして応援してください!


FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 

皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!


テーマ: トスカーナ便り

ジャンル: 海外情報