美しきトスカーナから!イタリア語も!美味しさも!楽しさも!

イタリア・トスカーナから美しきトスカーナ情報やイタリア語会話レッスン、イタリア料理レシピ等、イタリアに関する様々な報情をお届けします。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

アブルッツォ物語(第2話) 

家の近くは車が通れないため、広場に車を置いて、皆で歩いてきた。
荷物を車から家まで運ぶため、何回も何回も行ったり来たりした。
そうしているうちに、日が暮れて、街灯がついた。
私は、あまりの美しさに見とれて、運ぶのをやめ、ドアの前に立って眺めた。

abruzzo21

私を見た皆もカメラを持ち、夜のライトアップされた美しい家並みの写真を撮り始めた。

abruzzo22

abruzzo23

abruzzo24

皆は写真撮りに夢中になり、あっという間に、街の中に消えて行った。
一人残った私は、周りに人の気配があるかどうかを静かに注意してみた。
そして、アンナが言ったことを思い出した。
「あなたたちが別荘に行く時期は、夏のバカンスに訪れた人たちも帰っているはずだから、全ての家が閉じられていると思うよ。たぶん、あなたたちだけだよ。」

本当にその通りだ。
家々の窓の明かりが一つもない。

abruzzo27

abruzzo25

abruzzo26

誰もいない。
まるで、ゴーストタウン!

その時、広場の塔の上から長く角笛が鳴り響いた。
ビックリして、その方向を見た。
暗くてあまり見えないが、家々のドアが開き、かがり火を持った人々が、どうした!どうした!と言うような顔をして次々に出てきた。
私は人々を見て、「やっぱり、居たのね!」と言いながら、
人々に混ざって塔のある広場に向かうと、塔の上から、大きな声が人々に向かって告げられた。
Tre uomini incappucciati a cavallo! <馬に乗ったマント姿の3人の男たちだ!>
大勢の人々は、
「こんな遅い時間に、もしかしたら・・・、或いは、この山に隠れているあの有名な山賊たちかっ?」
と口々に話しながら、女たちは急いで子供を連れて家に戻り、ドアを閉めたのだった。

私は大勢の人々と一緒に門まで歩くと、
Aprite! <開け!>
私は背筋に寒気が走った。
どうしよう。伯爵もいない。
ひと月前、伯爵は家来たちと一緒にサフランを持って王様の所に行ったきりだ。
私たち農民だけで、どうやって山賊と戦えるのか?
一応、こちらは強そうに見せなければならない。
一番、逞しい大きな男が声を出した。
Chi siete! Cosa volete! <何様だ!何の用事だ!>

すると、門の向こう側から声が聞こえた。
Non abbiate paura. <怖がらないで。>
Sono Marco. <マルコだ。>
E con me c’e` Primo e Luca. <俺と一緒にプリモもルカも居る。>

驚きのあまり、私の心臓は破裂しそうになった。
プリモが帰ってきた。
私は門に近づきながらも、もしかしたら息子が戻って来たのではないかと、母の期待がどこかにあった。
1年前、沢山の最初に収穫したサフランを持ってフロレンティアに向かったきり、便りの無かった息子が戻ってきたのだ。
私は咄嗟的に大きな声を出した。
Aprite subito! <開けて、すぐに!>
逞しい大きな男が私を止めた。
Aspetta! <待て>
逞しい大きな男は、門の向こうにいる3人に言った。
Prima, fatevi riconoscere! <まずは、お前たちを確認させてくれ!>
と言いながら、逞しい大きな男は、門の覗き窓からかがり火を近づけて覗くように確認した。
確かにプリモたちが立っていた。
門は、ようやく開かれた。
プリモの顔が涙で歪んで見えた。
旅立った時は幼い顔だったが、1年経って、髭のある勇ましい大人の顔になっていた。
プリモを抱きながら、何度もつぶやいた。
「会いたかった!会いたかった!本当に会いたかった!」

プリモが言った。
Madre! Abbiamo venduto tutto lo zafferano. <母上、サフランは全部売りました。>
Siamo ricchi, Madre. Tu e mio Padre non sarete piu servi. <母上、私たちはもう、お金持ちになりました。あなたと父上は、もはや召使いではありません。>
私は悲しく答えた。
Tuo Padre... <あなたの父上・・・>

***

Mamma guarda che belle fotografie! <お母さん、見て、なんて綺麗な写真!>
私は富男の(カメラに写っている)何枚かの写真を見た。
綺麗な街並みが写っていた。
もちろん、別な姿の街は、私の頭の中だけで生きている。

皆で、この1200年代に建てられたアンナの石造りの別荘に入った。
どこを見ても、歴史が刻まれている。
まるで、博物館のような家。
家中の壁を含め、どこにでも、各時代に息づいた感情が残っているかのようだ。

この街、この家に住んできた各時代の人々の喜びや悲しみ・苦しみ、そして、時代を超えた愛に包まれている私たちは、安らぎを感じるのだった。

(第3話に続く)

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村 読者のクリックが更新する意欲を生むのです!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m


田舎暮らし ブログランキングへ


イタリア語 ブログランキングへ
↑貴方のクリックが次の記事への活力源となっています!

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」は、「スカイプイタリア語」で検索すると、GoogleでもYahooでも2011年から検索結果連続第1位をキープ! 
http://italianojuku.web.fc2.com/

フィオレンツァが『マレンマで一番美味しいサフラン』を送料無料(1g以上)でお届けします!
http://crocusfarm.web.fc2.com/

私のfacebookサイトは、
http://www.facebook.com/fiorenza.marchesi?sk=info&edit=basic#!/fiorenza.marchesi です。

ドイツ(語)のことなら、このブログ。本当に役に立つことばかりが書かれているのでお勧めします!
http://deutschjuku.blog.fc2.com/

「ドイツ語塾」スカイプドイツ語会話は、「スカイプドイツ語」で検索すると、GoogleでもYahooでも検索結果第1位! 初心者から検定試験対策まで楽しくドイツ語を勉強できる。
http://deutschjuku.web.fc2.com/

クリックして応援してください!

FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 
皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!


スポンサーサイト

テーマ: イタリア

ジャンル: 海外情報

アブルッツォ物語(第1話) 

私がサフラン物語を書いた時に学んだことですが、サフランが最初にイタリアに渡ってきた場所がアブルッツォなのです。
まさか、そのアブルッツォにご縁があるとは思いもしなかった。
そして、今年のバカンスは例年のようにトレンティーノ州の山に行こうと思っていたところに、
私のブログで紹介したペトリオーロ温泉施設(ペトリオーロには無料露天風呂も有り)の近くにあるアグリツーリズモ経営者のアンナさんから電話がかかってきた。
アンナさんが、「バカンスの行先は決めたの?」と聞くので、私は「今年もトレンティーノよ。」答えたら、
アンナさんが、「私の別荘がアブルッツォの山の方にあるので、そこに行けば。」と言ってくれたのです。
アブルッツォ! 私は行ったことが無いし、アブルッツォの情報をほとんど持っていなかったので、Google検索で情報収集しました。別荘のある場所は標高1100mの静かな観光地で、2、3千メートル級の山々に囲まれたところのようです。
2009年にアクイラを襲った大地震で、いまだに復興が進まず、まだ仮設住宅に住んでいる人々も多いと聞いたことが有ります。
別荘の近くの山々はアブルッツォ国立自然公園やマイェッラ国立自然公園のゾーンでもあり、イタリアでは狩猟の乱獲でいなくなったと言われる熊も生息するとのこと。
夏はトレッキング等、アウトドアスポーツが盛んで、冬は中央イタリアのスキーのメッカと言われるほど沢山のスキー場があるのです。

私たち家族はバカンスをトレンティーノにしようか、アブルッツォにしようかを話し合いました。
「熊が怖い。」
「でも熊を見たい。」
「冬、スキーに行くための下見として行こう。」
「スキーは自宅から30分で行けるモンテ・アミアータのスキー場の方が・・・」
「山はトレンティーノの方が有名だしドロミティに行きたいと思った。」
「毎年、同じ所へバカンスに行くよりは、時々違った場所を見るのもいいのでは?」
いろいろディスカスした結果、アブルッツォの別荘に行くことに決めました。

自宅のあるグロッセート郊外のロッカルベーニャからアブルッツォに行く道で一番近い道を検索したらボルセーナ湖を通ってローマをかすめるようにして行く道でしたので、その通りに行きましたが、途中まではカーブの田舎道が多く、何と6時間以上もかかってしまいました。

ボルセーナ湖
abruzzo1

そして、夕方、高速を降り、ようやく目的地のカンポ・ディ・ジョーヴェ(Campo di Giove)に近づくと、目の前にトレンティーノの山とはちょっと違う山肌の大きくそびえたつ山々が見えてきた。

abruzzo3

このマイェッラ(Majella)の山を眺めて、
「ガイド無しに山の頂上に登ってはいけないよ。」
と言ってくれたアンナの忠告を思い出した。
マイェッラの山は確かに険しい山に見え、何か秘密が隠されているような雰囲気を醸し出している。
後で話しますが、歴史書を紐解くと、確かにこの山には多くの隠された秘密があったのでした。

カンポ・ディ・ジョーヴェの町並み
abruzzo2

カンポ・ディ・ジョーヴェの町はずれは延々と続く広大な土地
abruzzo4

夕方6時半、カンポ・ディ・ジョーヴェに着いた。山間にある綺麗な街並みで、別荘などが立ち並ぶ、どこにでもあるような観光地のようです。
暗くなる前にアンナの別荘を探さなければ・・・
アンナから直接、地図を書いてもらったのですが、街をぐるぐる回っても家がどこにあるのか分からなかった。
アンナは、別荘のカギを私に渡す時、こう言った。
「こんなに大きな昔風のカギだし、アーチのある建物が密集しているので家はすぐにわかるよ」と。
15センチほどもある重い鉄のカギは、まるで昔の牢獄のカギのようだった。
abruzzo5

右手に鍵を、左手に書いてもらった地図を持ちながら、1時間も探したが分からず、結局、地図に書いてあるVia del fornoがどこにあるのかを町の人に聞き回ったが、「Via del forno」なんて存在しないよと言われるばかり。

何人目かの人が、まるでクイズを解くように、「アーチのある建物」、「大きな昔風のカギ」、「Via del forno」のキーワードを腕組みして暫く深く考えた後、もしかしたらと、連れてこられた場所は、カンポ・ディ・ジョーヴェの新興住宅地のすぐそばの高台にひっそりとたたずむ中世時代に建設された旧市街地。

すぐに目が留まった家の玄関に立ち、ドアに恐る恐る鍵を入れて回してみた。
まるで、シンデレラを探すための片方の靴にシンデレラの足がぴったりと収まった様に、この鍵を入れて回したらドアが開いた。
私たちを連れてきた人も私たち家族も拍手して大喜び。
案内してくれた人に私たち家族はお礼を言い、やっと見つかったと一安心。

私が玄関のドアを開けた直後、ドアを背にして、まず、周りを見渡した。
私がサフラン物語を書いた時にアブルッツォの中世時代の町並みを想像したのだが、頭で描いたイメージと全く同じだったから驚いた。
まるで、中世時代にあった私の家がここだったかのようで、どこか親しみを感じた。初めて訪れたのに、初めてきた場所ではない奇妙な感じでした。
(第2話に続く)

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村 読者のクリックが更新する意欲を生むのです!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m


田舎暮らし ブログランキングへ


イタリア語 ブログランキングへ
↑貴方のクリックが次の記事への活力源となっています!

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」は、「スカイプイタリア語」で検索すると、GoogleでもYahooでも2011年から検索結果連続第1位をキープ! 
http://italianojuku.web.fc2.com/

フィオレンツァが『マレンマで一番美味しいサフラン』を送料無料(1g以上)でお届けします!
http://crocusfarm.web.fc2.com/

私のfacebookサイトは、
http://www.facebook.com/fiorenza.marchesi?sk=info&edit=basic#!/fiorenza.marchesi です。

ドイツ(語)のことなら、このブログ。本当に役に立つことばかりが書かれているのでお勧めします!
http://deutschjuku.blog.fc2.com/

「ドイツ語塾」スカイプドイツ語会話は、「スカイプドイツ語」で検索すると、GoogleでもYahooでも検索結果第1位! 初心者から検定試験対策まで楽しくドイツ語を勉強できる。
http://deutschjuku.web.fc2.com/

クリックして応援してください!

FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 
皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!


テーマ: イタリア

ジャンル: 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。