美しきトスカーナから!イタリア語も!美味しさも!楽しさも!

イタリア・トスカーナから美しきトスカーナ情報やイタリア語会話レッスン、イタリア料理レシピ等、イタリアに関する様々な報情をお届けします。

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

アブルッツォ物語(第7話) 

古城がお好きな方にはお勧めです。
アブルッツォのキエティ(Chieti)市郊外にあるロッカスカレーニャ城(Castello di Roccascalegna)はいかがでしょうか?

ロッカスカレーニャ城は1100年から1200年にかけて、敵からの攻撃を防御するために断崖絶壁を持つ丘の頂上に建てられました。
数世紀に渡って、何回も侵略されたロッカスカレーニャ城は、歴史を紐解くと、王様や貴族が何度も入れ替わり、伝説も言い伝えられているほどです。

一つの伝説ですが、1600年頃に、コルボ(Corvo)家の伯爵は、ロッカスカレーニャ村の結婚前の全ての女性に、まず、自分と一夜を過ごすことを命じていた。

それを嫌ったある女性のフィアンセは、女装をしてお城に入り、伯爵を殺したのですが、死ぬ間際に伯爵は血だらけの手で石を触り、その石に付いた手跡は、いくら洗ってもゴシゴシ拭いても、再び手跡が現れてくるそうです。

私たちは9月初旬の平日に行ったのですが、お城が毎日開いているのが夏の時期だけの8月末までで、9月は土曜、日曜だけしか開いていない為、石に付いた手跡は残念ながら見ることはできませんでした。

1996年にロッカスカレーニャ城の修復作業が完成し、その時からお城の中も見学できるようになったようです。

ロッカスカレーニャ城から見下ろす景色は最高に素晴らしいし、お城の周りを歩けば、ボルゴ(村)も手直しされたことで、まるで、中世時代にタイムスリップしたかのような別世界を感じることができます。

断崖絶壁の丘の頂上に建てられたロッカスカレーニャ城
roccascalegna1

右側にあるのは教会です。
roccascalegna2

違う角度から見たロッカスカレーニャ城
roccascalegna3

ボルゴはこんな感じ!全部、石造り!
roccascalegna4


roccascalegna5


roccascalegna6

お城側から教会を見下ろすと、その後ろのパノラマも素晴らしい景色~!
roccascalegna7

濃紺の空とサボテンが印象的!
roccascalegna8

下から見ると、こんなにも高い城壁!敵は入れないね!
roccascalegna9

断崖絶壁を下から見たのですが、ここからは絶対に敵も登れないよね!
roccascalegna10



上空から3D画像で見た動画で城壁の中の様子が分かるのでご覧ください!
http://exporttocanoma.blogspot.it/2013/12/il-castello-di-roccascalegna-in-3d-su.html


にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村 読者のクリックが更新する意欲を生むのです!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m


田舎暮らし ブログランキングへ


イタリア語 ブログランキングへ
↑貴方のクリックが次の記事への活力源となっています!

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」は、「スカイプイタリア語」で検索すると、GoogleでもYahooでも2011年から検索結果連続第1位をキープ! 
http://italianojuku.web.fc2.com/

マレンマ・トスカーナの私の自宅でのホームステイはいかが?
http://italianojuku.web.fc2.com/sub7.html

フィオレンツァが『マレンマで一番美味しいサフラン』を送料無料(1g以上)でお届けします!
http://crocusfarm.web.fc2.com/

私のfacebookサイトは、
http://www.facebook.com/fiorenza.marchesi?sk=info&edit=basic#!/fiorenza.marchesi です。

ドイツ(語)のことなら、このブログ。本当に役に立つことばかりが書かれているのでお勧めします!
http://deutschjuku.blog.fc2.com/

「ドイツ語塾」スカイプドイツ語会話は、「スカイプドイツ語」で検索すると、GoogleでもYahooでも検索結果第1位! 初心者から検定試験対策まで楽しくドイツ語を勉強できる。
http://deutschjuku.web.fc2.com/

クリックして応援してください!

FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 
皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!


スポンサーサイト

テーマ: イタリア

ジャンル: 海外情報

アブルッツォ物語(第6話 映画付き) 

アブルッツォと言えば、クマ。そして、オオカミ。

アブルッツォのシンボルは熊です。

アブルッツォにある3つの大きな国立自然公園は、アブルッツォ州の全体の面積の37%を占めており、イタリアの中で最も大きい自然公園なのです。
この3つの国立自然公園とは、アブルッツォ国立自然公園、グランサッソ国立自然公園、そして、マイェッラ国立自然公園です。
国立自然公園で保護されている動物は、オオカミ、カモシカ、マルシカーノ熊。

アブルッツォのシンボルとなっているマルシカーノ熊は、アブルッツォが国立自然公園に認定される前までに、狩猟が頻繁に行われ、乱獲された結果、現在、絶滅の危機に晒されています。

3つの国立自然公園で生息しているマルシカーノ熊は、合計で50頭から60頭が確認されているだけです。

アブルッツォのシンボルでもあるマルシカーノ熊については、熊資料館で詳しく知ることが出来るということで、今回、見学することにしました。

マルシカーノ熊 (資料館の中)
orsi1

身長は2mくらいあるのでは!
orsi2

orsi3

大昔は、こんな感じで熊と戦っていたらしいです。
orsi4

マルシカーノ熊の爪、歯、骨の一部!
orsi5

マルシカーノ熊のはく製!
orsi6

マルシカーノ熊のカップル!大自然の中で絵になりますね!
orsi7

近くでみるとこんな感じ!迫力あります!
orsi8

大きな魚を獲ったところ!
orsi9


*********************

アブルッツォをより知っていただく為の動画

「アブルッツォで起こったこと(Accade in Abruzzo)」の40分動画をご紹介します。

大まかなストーリーを説明しますと、

風力発電機の製造企業のプロジェクトに応募し採用されていた中年技術者が、風力発電機関連の仕事でアブルッツォに訪れ、アブルッツォで大きなアグリツーリズモやレストランを経営する農家に泊まったことからストーリーが始まります。

彼は大自然の中で働いているアグリツーリズモの農家の人々と親しくなり、農家の様々な仕事についても見聞きして田舎暮らしについても興味を持ち始めました。

この出張から自宅に戻ると会社からメールが届いており、次のプロジェクトの仕事のメンバーから外されたことを知ります。

そして、農家での作業に興味も芽生え、アブルッツォの農家が気に入ったことで、あのアブルッツォの農家でお手伝いをするために出かけることにしたのです。

農家でのいろいろなお手伝いをする場面があります。例えば、羊の赤ちゃん出産のお手伝い、羊の毛を切る仕事、ミルク絞り、ペコリーノチーズ作り等々。

この動画は、マイェッラ山脈の美しい自然の中にあるアグリツーリズモが舞台となっています。

動画のいろいろな場面で、背景にはマイェッラ山脈の美しい一つ一つのスポットが映っているので、そちらもお見逃しなく!

そして、字幕無しのイタリア語版ですので、どうぞイタリア語の会話をお楽しみください。

また、このアグリツーリズモや農家でのお手伝いを体験されたい方は、動画の最後の方に、農家の連絡先が書いてありますのでどうぞコンタクトしてください。
私は紹介料などもらっていませんので、ご自分でコンタクトしてくださいね!

動画「アブルッツォで起こったこと(Accade in Abruzzo) 」↓
         https://www.youtube.com/watch?v=U9PPIljSis8


にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村 読者のクリックが更新する意欲を生むのです!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m


田舎暮らし ブログランキングへ


イタリア語 ブログランキングへ
↑貴方のクリックが次の記事への活力源となっています!

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」は、「スカイプイタリア語」で検索すると、GoogleでもYahooでも2011年から検索結果連続第1位をキープ! 
http://italianojuku.web.fc2.com/

フィオレンツァが『マレンマで一番美味しいサフラン』を送料無料(1g以上)でお届けします!
http://crocusfarm.web.fc2.com/

私のfacebookサイトは、
http://www.facebook.com/fiorenza.marchesi?sk=info&edit=basic#!/fiorenza.marchesi です。

ドイツ(語)のことなら、このブログ。本当に役に立つことばかりが書かれているのでお勧めします!
http://deutschjuku.blog.fc2.com/

「ドイツ語塾」スカイプドイツ語会話は、「スカイプドイツ語」で検索すると、GoogleでもYahooでも検索結果第1位! 初心者から検定試験対策まで楽しくドイツ語を勉強できる。
http://deutschjuku.web.fc2.com/

">クリックして応援してください!

FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 
皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!


テーマ: イタリア

ジャンル: 海外情報

アブルッツォ物語(第5話) 

マイェッラ(Majella)山脈の自然公園の中心に、ヨーロッパで最も高いとされる標高1475mの「カヴァローネ洞窟(Grotta del cavallone)」があります。
カヴァローネはイタリア語で、「大きな馬」の意味。洞窟のある山を遠くから見ると、洞窟の入り口を目とした馬の横顔の形に見えることから命名されたそうです。

標高1475mにあることで、行き方は、登山道を歩いて登っていくか、又は、標高700mの地点からチェストヴィア(cestovia)と呼ばれる2人乗り用ゴンドラに乗るかのどちらかになります。

チェストヴィアと言うのは、ヨーロッパで40ラインしか残っていない、珍しい籠式のゴンドラです。後、数年後にはヨーロッパから消えてしまうと言われているそうです。

abruzzo5_1

abruzzo5_2

abruzzo5_3

さて、所要時間20分のこのチェストヴィアに乗るとすぐに、スリルのある冒険が始まるのです。乗ってみればわかるのですが、気が遠くなるほどの高い位置に張られたワイヤーロープにぶら下がっている籠は、もちろん、壁やガラス窓が無く、真下を見れば足が震えるくらいに怖く感じ、でも、周りを見渡せば、360度の大迫力なパノラマに魅了され、怖さなんかは忘れてしまうほどです。チェストヴィアでは、ゆっくりと1300mまで上がります。

abruzzo5_6

abruzzo5_4

abruzzo5_5

そして、小道を5分ほど歩くと、今度は、崖っぷちに作られた174段ある石の階段をジグザグにカヴァローネ洞窟の入り口まで登って行くので、いつも運動して足を鍛えておかないとちょっと厳しいかもです。
でも、石段を登ってみると、一つひとつの石段がしっかりと固定されているので安心して登れました。

abruzzo5_7

abruzzo5_9

abruzzo5_10

abruzzo5_8

おおきな馬の目の洞窟入り口に入るのですが、そこからのパノラマも素晴らしい!の一言です。
馬が右の方を向いている横顔だそうです。
abruzzo5_35

入場者を待ち受けている担当者は、大きなランプを持っていて、入り口で入場券を見せると、定員10名がそろい次第に、説明が始まりました。
「これから洞窟の中に、片道1360mの距離を進んで行きます。往復1時間の旅になります。
中は、年中、気温が10度と寒いのでジャケットを着て下さい。
また、中は暗く、階段も多いし、地面は濡れているので、足元に十分注意してください。

洞窟の底から上に向かって伸びていくのが石筍(せきじゅん=stalagmite)で、天井から下に向かって伸びているのが鍾乳石(=stalattite)です。

あちこちにある石筍と鍾乳石には、なるべく手で触らないようにお願いします。
何故かと言うと、人の手には油脂があるので、その油脂によって、生きている石筍と鍾乳石が死んでしまうからです。
中に、黒い石筍と鍾乳石がありますが、黒くなっているのが死んだものです。死んだ石筍と鍾乳石は成長が止まってしまいますが、白色の生きている石筍と鍾乳石は伸び続けているのです。」

abruzzo5_11

abruzzo5_12

abruzzo5_13

abruzzo5_14

見学してよかった!美しさに見とれて、感動しました~!
abruzzo5_15

どんどん下へ・・・地獄の池に降りていきます。
abruzzo5_18

abruzzo5_16

abruzzo5_17

abruzzo5_19

彼女の後ろを私たちは1列になって歩いていきます。
どのようにして洞窟ができたかと言いますと、物凄い勢いで流れる川が、長年の間、削り続けて、洞窟ができたと言われているそうです。
この洞窟の主人公は「水」です。洞窟の奥の方に水が入っている溝や湖があり、年中、洞窟の天井からは水が滴っているのです。
洞窟の中の各部屋には、色々な形の石筍と鍾乳石があり、それらの形の特徴をとらえて、面白い名前が付けられています。例えば、ピザの斜塔、仏陀の部屋、魔法の森、象の部屋、インディアンの頭、ハムの部屋など等。

これは、天井にコウモリがぶら下がっているかのようです。
abruzzo5_20

これがハムの部屋で、まるで、ベーコン、プロシューットのスライスが天井にぶら下がっているかのよう!
abruzzo5_21

沢山のプロシューットがぶら下がってました!
abruzzo5_22

ここを勢いよく川が流れていたなんて。 想像すると怖いです。
abruzzo5_23

abruzzo5_24

abruzzo5_25

ここが魔法の森! 沢山の森の妖精たちがいました。
abruzzo5_26

abruzzo5_27

abruzzo5_28

ここには大きなモンスターが!
abruzzo5_29

沢山のモンスターたちも!
abruzzo5_30

これは、お見事!『ピザの斜塔』ですって!
abruzzo5_31

とにかく、子供になった気分で、冒険心を持って、興味深い面白い形の石筍と鍾乳石を探してみましょう。

あっという間に1時間が過ぎてしまいました。

私は、魔法の森で人の形をした森の妖精を見つけました。妖精が笑って横を向いているのが、今でも不思議でなりません。
いったい、いつ、どこの魔女がこの小人を石に変えたのだろうか? 目覚めるために、彼は美しいプリンセスにキスされることを長年待ち続けているのでしょう!・・・な~んて思ったりしました。

また、174の石段を降りて帰り道へ。
abruzzo5_33

皆がカヴァローネ洞窟に感動! 帰り足は軽やかに。
abruzzo5_34

上から見下ろすパノラマは何とも言えない美しさ!右下には登山道が見えます。
abruzzo5_32

帰りの下山は、歩いて帰りたかったので、素晴らしいパノラマを眺めながら、のんびりと下って行きました。
下りはどうしても早足になってしまうので、躓いたら危ないと思い、みんなが足元に気を付けて歩いていたのですが、5合目あたりで、ずーっと前を歩いていた旦那は「お~~~っ!」と大きな叫び声。何かを見つけたようです。
見つけたものは、な ん と 5 億 年 前 の 貝 殻 の 化 石 ~ ~ ~ ~ !
abruzzo5_36

やっぱり、このマイェッラ山脈、昔は本当に海だったんだ~~~って、みんなで実感しました。
これを読んでカヴァローネ洞窟に来られる人は、もしかして、人類がまだ見つけていない大昔の海底に住んでいた魚の化石を発見できるかも・・・


カヴァローネ洞窟の動画
です!字幕はイタリア語!

(アブルッツォ物語 第6話に続く)


にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村 読者のクリックが更新する意欲を生むのです!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m


田舎暮らし ブログランキングへ


イタリア語 ブログランキングへ
↑貴方のクリックが次の記事への活力源となっています!

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」は、「スカイプイタリア語」で検索すると、GoogleでもYahooでも2011年から検索結果連続第1位をキープ! 
http://italianojuku.web.fc2.com/

フィオレンツァが『マレンマで一番美味しいサフラン』を送料無料(1g以上)でお届けします!
http://crocusfarm.web.fc2.com/

私のfacebookサイトは、
http://www.facebook.com/fiorenza.marchesi?sk=info&edit=basic#!/fiorenza.marchesi です。

ドイツ(語)のことなら、このブログ。本当に役に立つことばかりが書かれているのでお勧めします!
http://deutschjuku.blog.fc2.com/

「ドイツ語塾」スカイプドイツ語会話は、「スカイプドイツ語」で検索すると、GoogleでもYahooでも検索結果第1位! 初心者から検定試験対策まで楽しくドイツ語を勉強できる。
http://deutschjuku.web.fc2.com/

クリックして応援してください!

FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 
皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!



テーマ: イタリア

ジャンル: 海外情報