美しきトスカーナから!イタリア語も!美味しさも!楽しさも!

イタリア・トスカーナから美しきトスカーナ情報やイタリア語会話レッスン、イタリア料理レシピ等、イタリアに関する様々な報情をお届けします。

12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

アブルッツォ旅行記その5(最終回) 

(アブルッツォ旅行記その1から読む!)

今日の午後もドキドキ感動が待っているような予感がしたので、ティリノ川沿いで急いでお昼ご飯を食べました。

カヌーのガイドさんにお奨めされた素晴らしいスポットとは、サント・ステファノ・ディ・セッサーニオ(Santo Stefano di Sessanio)の村とロッカ・カラッショ(Rocca Calascio)のお城の見学です。ここティリノ川からは1時間もかからない場所なので是非行ってみてはと奨められたのでした。

この2か所はグラン・サッソ(Gran Sasso)の方向にあるので、そちらの方向に急いで車を走らせました。

ティリノ川の風景とは全く違う風景となって、大自然の山々に囲まれた景色が延々と続き、高くそびえるグラン・サッソの山だけを目印として進みましたので、道を間違えたりもしました。

ロッカ・カラッショの麓に午後2時頃に到着し、そこからはロッカ・カラッショのお城のある山の登り口までは3キロほどあり、狭い急な坂道なので専用の送迎バスに乗っていくことになります。

バスには満員になるほど観光客が大勢いました。南米からの観光客やドイツ人家族など様々な国籍の人々で一杯でした。

ロッカ・カラッショは、標高1460mのアブルッツォのグラン・サッソの自然公園の中にあるお城がとても有名です。お城が建設されたのは10世紀と言われています。建設された理由ですが、この地域は羊を飼う遊牧民族の土地だったので、羊毛産業が栄え、経済の要として重要な役割を果たしていたのでした。ですから、これらの広大な遊牧地を管理するために遊牧地を360度見渡せる山の頂上にお城が建てられ、常にお城から監視することで治安の安定化が図られていたのです。

このロッカ・カラッショの羊毛産業に目を付けたフィレンツェのメディチ家は、羊毛の貿易をする為に1579年にロッカ・カラッショのお城とボルゴ・サント・ステファノ・ディ・セッサーニオの村を買い取り、手中に収めました。しかし、1703年に大地震に見舞われ、お城も含め、全ての村が崩壊したのです。住んでいた人々は移住しなければなりませんでしたので、この地域には20世紀まで住民がいない状態が続いたのです。

ようやく20世紀後半に複数の映画の撮影があり、有名なのが1985年に上映されたアメリカのファンタジー映画「レディホーク(Lady Hawke)」、この大ヒット映画をきっかけに、この地域の素晴らしさを再認識させられ、無人の廃墟となっていた村が復興されるようになり、お城の修復も開始されたのでした。ロッカ・カラッショの麓には住民が増え、ホテルまでが建設されたのです。そして、今では世界中から観光客が大勢訪れる超有名な観光スポットとなったのでした。

ロッカ・カラッショのお城から眺めた360度見渡せるパノラマに感動した余韻のまま、次は、サント・ステファノ・ディ・セッサーニオの村を見学しました。
この村はイタリアで最も美しいとされるボルゴ(国が認可する中世時代を再現した村)に指定されています。
本当に、とても綺麗な静かな村です。住んでいる人は僅か117人ですが、春から秋までは大勢の人々で一杯になります。
この村に魅了された若いスエーデン人が古い家々を2004年に買い取り、中世時代の石造りの家を再現し、アルベルゴ・ディッフーゾ(Albergo diffuso)と呼ばれる貸別荘の事業を始めたのです。
世界中の富豪達が有名な場所でありながら静かに住める別荘の魅力に惹かれて訪れるそうです。

これが有名なグランサッソの山
abruzzo5_1

グランサッソに連なる山脈
abruzzo5_2

ロッカ・カラッショのお城
abruzzo5_3

abruzzo5_4

abruzzo5_5

abruzzo5_6

abruzzo5_7

abruzzo5_8

abruzzo5_9

abruzzo5_10

abruzzo5_11

abruzzo5_12

本当に360度見渡せる素晴らしいパノラマでした!
abruzzo5_13

皆、満足して山を下ります。
abruzzo5_14

ここから下はサント・ステファノ・ディ・セッサーニオの村で撮った写真です。
abruzzo5_15

abruzzo5_16

abruzzo5_17

abruzzo5_18

abruzzo5_19

abruzzo5_20


◆ロッカ・カラッショをドローンで空から撮影した映像です。
https://youtu.be/WZbMUD-oryk

◆サント・ステファノ・ディ・セッサーニオの村の風景とアルベルゴ・ディッフーゾと呼ばれる別荘の映像です。
https://youtu.be/saD5K0KkQdw

◆映画「レディホーク(Lady Hawke)」
https://youtu.be/CztbQ4Fgv_w

いかがでしたか? アブルッツォの古い村や古いお城! 本当に、とても美しいスポットでした!

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村 読者のクリックが更新する意欲を生むのです!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m


田舎暮らし ブログランキングへ


イタリア語 ブログランキングへ
↑貴方のクリックが次の記事への活力源となっています!

私が教えるスカイプイタリア語「イタリアーノ塾」は、「スカイプイタリア語」で検索すると、GoogleでもYahooでも2011年から検索結果連続第1位をキープ! http://italianojuku.web.fc2.com/

「ドイツ語塾」スカイプドイツ語会話は、「スカイプドイツ語」で検索すると、GoogleでもYahooでも検索結果第1位! 初心者から検定試験対策まで楽しくドイツ語を勉強できる。
http://deutschjuku.web.fc2.com/

私もスカイプ通訳する 私の通訳者「マイ・インタープリター」は、イタリア語やドイツ語によるスカイプ国際会議や電話代行サービスが人気です。 http://myinterpreter.web.fc2.com/

「フランセ塾」スカイプフランス語会話は、新しくセルジュ講師をお迎えし、フランス語革命を進めてまいります!
http://francaisjuku.web.fc2.com/

フィオレンツァが『マレンマで一番美味しいサフラン』を送料無料(1g以上)でお届けします!
http://crocusfarm.web.fc2.com/

私のfacebookサイトは、
http://www.facebook.com/fiorenza.marchesi?sk=info&edit=basic#!/fiorenza.marchesi です。


クリックして応援してください!

FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 
皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!


スポンサーサイト

テーマ: イタリア

ジャンル: 海外情報

アブルッツォ旅行記その4 

翌朝はカヌーで楽しみ、また、午後には別の場所での楽しみを計画し、バカンスは最高に盛り上がろうとしています。

さて、カヌーの出発地点への集合時間は朝10時でしたので、13時までの合計3時間ほどカヌーを思う存分楽しみました。
カヌーにはガイド一人とお客2人が救命具を身に着け乗り込みます。
後ろに乗るガイドさんと一番前に乗るお客さんが漕ぎ棒を使って進んでいきます。
カヌーを漕ぎたいと言う息子と娘に任せて、私たちはのんびり綺麗な景色を満喫しました。

行きは、逆流を登って行くため漕ぎ続けなければなりませんが、進むにつれて次々とガイドさんに心地よく説明していただき、ジャングルの大自然な風景やグリーンに輝く水底の美しさを眺めることが出来て感動のシーンが繰り返し続き、「こんなにきれいな川が地球上にまだ存在するのだ!」と感じながら別世界を堪能することが出来ました。

最終地点となる、川幅が広がっているスポットで休憩しましたが、ここでも、ガイドさんから更にいろいろなことを説明してもらい、説明が終わるとガイドさんたち全員が水に入り、泳いだり、水草をとって食べたりしながら、その水草をカヌーに乗っているお客さんたちに味わっていただいたりと、イタリアさながらの人と人の交流があり、とっても心が温かくなる雰囲気を楽しむことができました。

ニコニコしながら気持ちよさそうに水の中に立っているガイドさんを見て、旦那は、「僕も水に入ろう!」と言って川の中に立ったのでしたが、水に入った瞬間、「オー!!!冷たーい!!!」と悲鳴のような声を上げ、数秒我慢した後、直ぐにカヌーに戻りました。毎日をこの川で過ごすガイドさんたちは冷たい水に慣れていたようです。

「セダノ ダクア(Sedano d’acqua)」とガイドさんが説明してくれながら、川中でなびいている水草を1本手渡してもらい、それを口に入れた瞬間、「え~~~!!!」と、思わず驚いてしまいました。

なんとなんと、以前、日本に住んでいた時に、私は日本三景の一つとなっている松島の近くにある田舎の田んぼに何度も足を運び、田芹(セリ)を摘んでは、ごま油で芹と玄米とを炒めて塩味で美味しくいただいていたのですが、この芹は日本特有の植物と思っていて、日本から離れてからは、お寿司やおそば以上に恋しくなっていた食べ物でした。

このヨーロッパで一番美しいとされる川の水底になびいている緑色に輝く水草の正体は、まぎれも無く「芹」だったのです。

野生の芹は綺麗な湧き水にしか育たないことを知っていたので、「イタリアにも芹があったんだ。」と思いながら、この発見で、このティリノ川の綺麗さが証明され、ますます魅力的に思えるようになりました。

なので、来年は、お米とごま油を持参して、また、ティリノ川に来たいと思いました。

カヌーで出発地点に戻る時は、一言も喋らないようにと言われ、全員が無言で、カヌーが水の流れに乗って進む水しぶきの小さな音と小鳥のさえずりだけが聞こえてきます。全員が瞑想にふけるように綺麗な川を眺めながら進んでいきます。沈黙の中では、綺麗な川底や森の景色が更に美しくなり、心から喜びだけが溢れるようになりました。

このような素晴らしい企画を提供してくれたスタッフ全員に感謝し、又来ることを約束し、お別れの時間が来ました。

午後は、また、素晴らしいことが待っている予感がし、ワクワクの連続を、次のブログでお伝えしますのでお楽しみに♪

では写真と動画をお楽しみください!

なんて綺麗な川の水! 水草がエメラルドグリーンに輝いています!
canoa_1

いざ、出発~。 (おそる、おそる 出発~。)
canoa_2

カヌーから見ても、まぶしく光る川の別世界が、心をワクワクさせてくれます♪
canoa_3

後ろのガイドさんが楽しく興味深くいろいろな説明をしてくれます♪
canoa_4

息子も張り切って漕ぎ始めました!
canoa_5

canoa_6

canoa_7

canoa_8

最終地点での記念撮影ショット
canoa_9

canoa_10

最終地点のここで一休み。ガイドさんに水草のセリをいただいたり、綺麗な風景を眺めたりしました♪
canoa_11

戻りのコースを綺麗な風景を眺めながら進んでいきます。
canoa_12

全ての水草が芹だったとは・・・、とても感動したティリノ川でした♪
canoa_13

綺麗なティリノ川を紹介している動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=D1uvLVAQgf8

アブルッツォ旅行記その5(最終回)に続く

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村 読者のクリックが更新する意欲を生むのです!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m


田舎暮らし ブログランキングへ


イタリア語 ブログランキングへ
↑貴方のクリックが次の記事への活力源となっています!

私が教えるスカイプイタリア語「イタリアーノ塾」は、「スカイプイタリア語」で検索すると、GoogleでもYahooでも2011年から検索結果連続第1位をキープ! http://italianojuku.web.fc2.com/

「ドイツ語塾」スカイプドイツ語会話は、「スカイプドイツ語」で検索すると、GoogleでもYahooでも検索結果第1位! 初心者から検定試験対策まで楽しくドイツ語を勉強できる。
http://deutschjuku.web.fc2.com/

私もスカイプ通訳する 私の通訳者「マイ・インタープリター」は、イタリア語やドイツ語によるスカイプ国際会議や電話代行サービスが人気です。 http://myinterpreter.web.fc2.com/

「フランセ塾」スカイプフランス語会話は、新しくセルジュ講師をお迎えし、フランス語革命を進めてまいります!
http://francaisjuku.web.fc2.com/

フィオレンツァが『マレンマで一番美味しいサフラン』を送料無料(1g以上)でお届けします!
http://crocusfarm.web.fc2.com/

私のfacebookサイトは、
http://www.facebook.com/fiorenza.marchesi?sk=info&edit=basic#!/fiorenza.marchesi です。


">クリックして応援してください!

FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 
皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!


テーマ: イタリア

ジャンル: 海外情報

アブルッツォ旅行記その3 

オオカミセンター(Centro del Lupo)でもらったパンフレットを見て、私たちの旅程が決まった。
このパンフレットに掲載されていたのは、何と、ヨーロッパで最も透明度の高い綺麗な川がこの近くにあるとのこと。
マウンテンバイクを借りれば、この川沿いのコースを自由に周ることも出来るし、また、カヌーでこの川を往復することも出来ると言うのだ。
それで、私は子供たちに「明日は、ヨーロッパで一番きれいな川に沿ってマウンテンバイクを借りて走るからね。」と言うと、子供たちの目は、嬉しそうにキラキラ輝いた。

さて、このティリノ川(Fiume Tirino)とは、ヨーロッパの一番南にある氷山、且つ、アブルッツォ州の最も高い山であるグランサッソから生まれる川であり、特徴として、グランサッソの根底から湧き出てくる大量の湧水が合流する為、いつも綺麗で透明な水であり、1年中、透明度と水温は変わることはないそうです。ですから、大雨の後も透明な川であり、また、夏も冬も同じ10度の水温が保たれているのだそうです。
だから、動画には川の中をダイバーが泳いでいる映像もあるのですが、水温が冷たいので、長く泳ぐためにはウエットスーツが必要とのことでした。
また、ティリノ川は山脈と山脈の間に出来た比較的平らな谷を流れているので、流れはゆっくりと穏やかであることも特徴の一つとなっているので、野鳥や珍しい植物が数多く生息する自然環境が整っている。珍しい植物と言えば、川の中で綺麗な緑色の草がなびいていて、この草が川を緑色に輝かせているようです。

さて、ティリノ川のマウンテンバイクとカヌーコースのスタートポイントは、ボッシ スル ティリノ(Bossi sul Tirino)のビジターセンター(Centro visita)から始まるが、ボッシ スル ティリノの村は、ポポリ村から20分ほど離れたところにある。
私たちは、このティリノ川で2日間遊ぶことに決め、初日はマウンテンバイクで、2日目はカヌーで楽しむことにした。
マウンテンバイクで遊ぶ日の朝、パン屋で美味しいアブルッツォのパンを、農家の直売所で美味しいペコリーノチーズを買い、お昼には絵に描いたような綺麗な川沿いでパニーニを食べ、真夏のような灼熱の太陽の下、マウンテンバイクで走りながら見つけた中世時代から湧き出ている水飲み場で水を浴び、とっても楽しく充実したバカンスの1日となったのでした。

どうぞ、写真と動画をご覧ください。

このビジターセンターで明日のカヌーの予約をし、マウンテンバイクを借りました。
abruzzobici1

ヨーロッパで一番きれいな川に沿って・・・「さあ! 走ろう♪」
abruzzobici2

「うわぁ~!」息を飲むほど、凄く綺麗!
abruzzobici3

何て透明な水・・・
abruzzobici4

こんなにも輝いている川  見たことがない・・・
abruzzobici5

しばらく 川の美しさに 見とれていました
abruzzobici6

この川沿いに自転車を置いてパニーニを食べていると・・・
abruzzobici7

カヌーがやってきました
abruzzobici8

中世時代から湧き出ていると書かれていた水場! 昔はここでお洗濯もしたそうな
abruzzobici9

暑かったので 思わず 頭から水をかぶりました。「気持ちいい~」
abruzzobici10

「冷たくて、ほんとに美味しい!」
abruzzobici11

緑輝く水草の美しさを見ながらのマウンテンバイク 「楽しかった♪」
abruzzobici12


下記はティリノ川の動画です。
https://youtu.be/RwqPudmVZk4


アブルッツォ旅行記その4に続く≫


にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村 読者のクリックが更新する意欲を生むのです!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m


田舎暮らし ブログランキングへ


イタリア語 ブログランキングへ
↑貴方のクリックが次の記事への活力源となっています!

私が教えるスカイプイタリア語「イタリアーノ塾」は、「スカイプイタリア語」で検索すると、GoogleでもYahooでも2011年から検索結果連続第1位をキープ! http://italianojuku.web.fc2.com/

「ドイツ語塾」スカイプドイツ語会話は、「スカイプドイツ語」で検索すると、GoogleでもYahooでも検索結果第1位! 初心者から検定試験対策まで楽しくドイツ語を勉強できる。
http://deutschjuku.web.fc2.com/

私もスカイプ通訳する 私の通訳者「マイ・インタープリター」は、イタリア語やドイツ語によるスカイプ国際会議や電話代行サービスが人気です。 http://myinterpreter.web.fc2.com/

「フランセ塾」スカイプフランス語会話は、新しくセルジュ講師をお迎えし、フランス語革命を進めてまいります!
http://francaisjuku.web.fc2.com/

フィオレンツァが『マレンマで一番美味しいサフラン』を送料無料(1g以上)でお届けします!
http://crocusfarm.web.fc2.com/

私のfacebookサイトは、
http://www.facebook.com/fiorenza.marchesi?sk=info&edit=basic#!/fiorenza.marchesi です。


クリックして応援してください!

FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 
皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!

テーマ: イタリア

ジャンル: 海外情報

アブルッツォ旅行記その2 

アブルッツォと言えば、頭に直ぐ浮かぶのは「オオカミ」。
以前から、本物のオオカミを近くで見たいと思っていた。
オオカミはいつも見ることが出来ない幻の動物で、また、牙もあり、人をも襲う恐ろしい動物のイメージを抱いてきた。
世界中で有名な「赤ずきんちゃん」、「3匹の子ぶた」に出てくるオオカミが人をも食う、とっても怖いものとされており、事実、猟師はオオカミを殺し続けてきた歴史もある。こんなにも恐ろしいオオカミ見たさの好奇心が私の気持ちの中で膨らんでいった。

いつもは、旅行前にはどんなガイドブックをも見ず、毎年、行き当たりばったりの旅を楽しんでいたが、今回、私たちが旅する場所の近くにオオカミセンター(Centro del Lupo)があるかどうかをインターネットで調べてみた。
Google検索でCentro del Lupoをインプットして検索したら、Centro del Lupo di Popoliが出てきたのでクリックした。
すぐに場所を確認したら、私たちの滞在する家から車で40分のところにオオカミセンターがあることが分かり、「やった~♪」と嬉しくなって、つい声が出た。
このオオカミセンターの説明を読むと、午前と午後に1回づつ、3時間のガイド付きオオカミ生息エリアのツアーが出来ることが分かった。
また、見学者として、特に、お子様連れのご家族に大人気とも書かれていたので、このことを大人と思っている私の息子(14歳)に伝えたら、「面白くないだろう。赤ちゃんも見るようなツアーに行きたくない!」と、ふて腐れながら言い出した。
私は、「大人も楽しめるし、きっと面白いよ。 絶対行くんだ!」と強く釘を刺した。

午後3時半からのツアーに参加しようと、午後2時に家をPopoli村方面に向かって出発した。
Popoli村に着くと、そこは普通の山間の村で、どこにもオオカミセンターらしき建物が見えなかった。
道にも迷い、時間をロスしながら、最後はPopoli村を歩いている人にオオカミセンターまでの道を聞いたところ、なんと、オオカミセンターは村から登る山の頂上付近にあることが分かったのだ。
「うわぁ~!あと10分しか時間がない!」と言うと同時に、直ぐに、車に飛び乗り、山へ向かう道を猛スピードで飛ばして上へ上へと車を走らせた。
オオカミセンターに開始時間ちょうどに何とか辿り着いた。
結局、オオカミセンターの敷地内には、これからツアーに参加する人たち約30人がのんびりと敷地内を見たり、話し込んでいたりと、イタリアらしく、のんびりとした雰囲気の中でツアー開始を待っていた。
立派なオオカミセンターの建物の前で、
(イタリアでよかった~! もし、時間に間に合わなくとも直ぐにはツアーが始まりそうもない。こんなに急がなくともよかった。)
と思いながら、センターの受付に入った。
すると、私たちが一番初めに出会ったオオカミは受付の中にいました。
後で分かったことですが、このような性格の人に出会うことはなんて難しいことと思うくらい、ピエトロはユニークな人です。
受付で、彼は、お客様を心温かくお迎えし、お客様が集まったのを見て、お客様を集め、ツアーを開始する受付兼ツアーガイドを担当されていたのでした。
直ぐには思わなかったのですが、よく見ると、顔立ちは野性的です。美男子なのだが、鋭い目、無精ひげ、耳の形など、どこかオオカミに似ている感じだ。
オオカミに対する愛情が無ければ、毎日毎日、お客さん全員に物凄い情熱で説明することはなかなかできることではない。
彼の説明を通して、彼のオオカミに対する愛情を感じ取れたのでした。
オオカミに似ているのは、オオカミに対する愛情の大きさがそのように感じさせているのだろうとも思った。

ツアーは、まず、施設内の展示物の説明から始まった。
ピエトロの話を聞きながら、大人も子供もオオカミの世界にじわりじわりと引き込まれていくのを感じた。
このようにシンプルにオオカミを愛し、素直に真面目にオオカミの真実を説明するような人だから、子供たちからは大きなお兄ちゃんと思われ親しまれ、子供からもいろいろな質問も飛びだした。
ピエトロが話している途中で、5才くらいの子供が急にピエトロに向かって話しかけた。
「オオカミは人を食べるの?」
ピエトロは、子供に向きなおって、少ししゃがみこみ、ゆっくりと答えた。
「違うよ。オオカミは、今まで人を食べたことがないんだよ! 人を襲ったことも無い。 逆に、生きるために、羊を襲うことがあり、それで羊飼いや猟師・密猟者たちから、いまだに殺され続けているんだ! 30年前にはイタリアのオオカミが絶滅寸前となり、合計80匹だけとなってしまったんだよ。その時、アブルッツォ州は絶滅しそうなオオカミや熊を救うために、アブルッツォ州の山々を自然公園にし、そして、幾つかの場所に野生動物を保護する施設を造ったんだ。このオオカミセンターもその一つ。このようなオオカミを保護する活動のおかげで、今では、オオカミが合計1500匹まで増えてきたんだ。」
子供も大人もピエトロの話に耳を傾け、心を動かされながら、ピエトロが次に何を言うのか、そして、彼が話す一言一言に注意して聞き入っていた。
施設内では、オオカミの写真パネル、はく製等の他、オオカミの鳴き声を聞けるリスニングルームも有り、微妙な鳴き声の違いを聞き、どんな時に鳴き声を使い分けているのかなども、分かりやすく教えてくれたので、オオカミを今まで以上に理解することが出来て、お客さん全員が満足げだった。

さて、施設内での説明が終わると、外に出て、密猟者から撃たれたり、罠にかかって怪我をした野生動物のエリアを見学し、大鷲、鷹、白フクロウ、いのしし、鹿、ムフロン(野生の羊)等が保護された当時どのような状態であったか、現在の状態なども細かく教えてくれたのだった。

そして、オオカミが生息するエリアに向かった。オオカミが生息するエリアは、施設から1キロ近く登った森の中にあり、急な坂道ではベビーカーで登れなくて困っていた人を見るとすぐに、ピエトロがベビーカーの前を持ちながら登るのを手伝ってあげたり、途中にある様々な木の種類の説明をしてくれたり、お客さんがいろいろなことをピエトロに質問し、皆がそのやり取りを聞きながら、森の中へと向かっていきました。
暑い日だったので、汗ばみながら、私は、今からオオカミに会えることで嬉しくなり、ワクワク気分でゆっくりと坂道を登ったのでした。
生息エリアの門に着くと、ピエトロは皆に向かってこのように注意したのです。
「オオカミは音に対してとっても敏感な動物なので、喋らないようにお願いします。写真撮影もなるべく控えて下さい。特に、フラッシュ撮影は禁止です。」
このように注意を受けながら、一行は静かに門から見学エリアに入りました。
見学エリアはL字型の50mぐらいの通路となっていて、通路両脇が木の板のフェンスでおおわれており、幾つかのガラス張りの見学用窓からオオカミを観察できるようになっていました。

ピエトロが説明してくれて分かったのですが、このセンターにいるのは、密猟者の罠にかかり怪我しているオオカミで、けがの程度が軽いオオカミをこの場所から見学することが出来ると言うことでした。
怪我の程度が重いオオカミたちを保護しているエリアは、更に森の中を登った奥にあるとのことで、そこに行けるのは関係者だけとのことでした。

私たちは興奮しながら見学窓からオオカミを探すと、未熟児で病気だったことで赤ちゃんの時に親から捨てられたウリッセ、罠にかかり檻に入れられたことでショックを受け、今でも檻に入れられた時のように右往左往し続けるルクレッツィア等と、それぞれのオオカミに付けられた名前も含めて説明してくれたのでした。

小さい時から係員に慣れていて比較的に人に対して臆病ではないウリッセが見学窓の近くまで歩いてくると、全員が息を飲むように静かにじっとオオカミの行動や歩き方などに見入っていました。暫く観察した後に見学者は何とか写真を撮ろうとして携帯電話やカメラをオオカミに向けてシャッターを押し続けていました。

こうしているうちに、あっという間に時間が過ぎてしまい、オオカミ達と別れる時間が来ました。
登って来た道を皆が満足した気分で、パートナーや家族同士が今見たオオカミについて感動したことを語り合いながらそれぞれがテクテクと帰り道に着いたのでした。
ピエトロの温かい情熱あふれた説明のおかげで、心から感動した1日を過ごすことが出来、貴重な思い出に残るツアーとなったのでした。

このセンターは、朝夕、1日2回のツアーに参加できるのですが、9月半ばから6月半ばまでの学校シーズンには、全国から毎日2校のグループが見学にやってくるとのことで、このピエトロともう一人の女性ガイドが交代しながら対応しているとのことでした。

ツアーが始まる前につまらなそうな顔をしていた息子にオオカミを見てどうだったかを聞いたところ、
息子は大きくうなずいて言いました。「面白かった!」と。

≪後で、インターネットでこのオオカミセンターについて検索したところ、トリップアドバイザーに沢山の感想などが掲載されていて、皆一様に、オオカミ見学ツアーは最高に感動し、特にピエトロの説明に感銘し、素晴らしかった等とコメントを寄せていました。≫

私たちの撮った写真を掲載しますのでご覧ください。

lupo1

オオカミの頭蓋骨! 牙が長いっ
lupo2

ツアーに参加した人たちがオオカミ生息エリアに向かってピエトロの説明を聞きながら歩いています。
lupo3

一番右のオレンジ色のTシャツを着ているのがピエトロです。
lupo4

見学用窓からオオカミを見ているところ! (オオカミ、いるかなぁ~)
lupo5

子供も見えるようにと、見学用窓は低い位置にあります。 (オオカミ、いるかなぁ~)
lupo6

いたぁ~! こっちに来た~!
lupo7

お~!こんなに近くで見たの、初めて!
lupo8

ホントにオオカミだ~!
lupo9

今度は正面からオオカミが・・・
lupo10

こっちに向かってる~
lupo11

オオカミを見れて良かった♪
lupo12

動画ではMaiella国立自然公園のオオカミセンター付近のオオカミが生息している山の雰囲気やオオカミの表情も感じ取れます。


アブルッツォ旅行記その3に続く≫

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村 読者のクリックが更新する意欲を生むのです!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m


田舎暮らし ブログランキングへ


イタリア語 ブログランキングへ
↑貴方のクリックが次の記事への活力源となっています!

私が教えるスカイプイタリア語「イタリアーノ塾」は、「スカイプイタリア語」で検索すると、GoogleでもYahooでも2011年から検索結果連続第1位をキープ! http://italianojuku.web.fc2.com/

「ドイツ語塾」スカイプドイツ語会話は、「スカイプドイツ語」で検索すると、GoogleでもYahooでも検索結果第1位! 初心者から検定試験対策まで楽しくドイツ語を勉強できる。
http://deutschjuku.web.fc2.com/

私もスカイプ通訳する 私の通訳者「マイ・インタープリター」は、イタリア語やドイツ語によるスカイプ国際会議や電話代行サービスが人気です。 http://myinterpreter.web.fc2.com/

「フランセ塾」スカイプフランス語会話は、新しくセルジュ講師をお迎えし、フランス語革命を進めてまいります!
http://francaisjuku.web.fc2.com/

フィオレンツァが『マレンマで一番美味しいサフラン』を送料無料(1g以上)でお届けします!
http://crocusfarm.web.fc2.com/

私のfacebookサイトは、
http://www.facebook.com/fiorenza.marchesi?sk=info&edit=basic#!/fiorenza.marchesi です。


クリックして応援してください!

FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 
皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!

テーマ: イタリア

ジャンル: 海外情報

アブルッツォ旅行記 

久しぶりのブログ更新です。
なぜ、今までブログを書か(け)なかったかと言うと、実は、私、イタリア語関連のテキストを製本すること決意し、今現在、執筆中なのです。以前から、イタリア語をお教えしていて、どうも、イタリア語の聴き取りを苦手とする生徒さんが多いことに気づき、同時に、イタリア語の聴き取り力を向上させる良い教材が英語に比べて極端に少ないからではないかと考えたのです。

そうであれば、今まで日本の生徒さんにお教えしてきた経験を活かして、本当に聴き取り力が向上し、且つ、イタリア語を素早くレベルアップできる音声ファイル付きのテキスト教材を作ろうと思い立ったのが動機となりました。

聴き取り力を養うためには、ただひたすら、イタリア語を聞き流すだけでは駄目です。

文法、リスニング、会話を同時に集中してレッスンすることが上達の秘訣なのですが、具体的には、文法を理解しながら、その文法に関連する様々な会話シーンのリスニングを数多く聴いていただくことで、自然に、文法と会話のフレーズをつなげることが出来、効率よく聴き取り力が向上しイタリア語が上達するようになるのです。

私は、良い教材を作るために必要とする知識を養うため、専門的なオンラインレッスンに昨年夏に申込み、本気でまるまる1年かけて勉強しました。そして、この夏から執筆を開始し、ちょうどテキストの半分まで下書きを終えたところです。このようなことで、ブログを書く余裕が無かったのですが、執筆にも慣れてきたこともあり、これからは、頑張って、ブログも書きながら、残りのテキスト執筆を続けていきたいと思います。

さて、今年のバカンスですが、大好きなアブルッツォに再び行ってきましたので、アブルッツォの素晴らしさをお伝えできればと思います。
今回も素晴らしい旅行が出来、心から感動しました。

アブルッツォ地方は、全体の4分の3の面積が自然公園となっていて、本当に手つかずの大自然が豊富です。
私の住んでいるトスカーナも自然の恵みが多く素晴らしいのですが、山脈や自然公園の規模を比較すると、トスカーナ以上に自然が豊かなスポットと言えるでしょう。

まず、アブルッツォには、オオカミやクマなどが悠々と生息できるほどの広大な山脈があり、その中に野生動物を保護するエリアが有ります。

今回の旅の初日は、スカンノ(Scanno) を見てきました。標高900mのスカンノ湖は、避暑地としても利用されるようで、湖の畔に沢山の別荘がありました。来年は、湖畔の別荘を借りてみようかとも思いました。

スカンノ湖に行くのに、ゴーレ デル サジッタリオ(Gole del Sagittario)を通って行かなければなりません。そのゴーレ デル サジッタリオは絶壁の下に光り輝く川が流れているのですが、その川の眩いばかりの美しさには目が奪われてしまいます。

スカンノ湖の手前には、 サン・ドメニコ湖(Lago di San Domenico)と呼ばれる小さな湖があり、ここには、聖者ドメニコの隠れ家(Eremo)が教会の奥に保存されていました。

このサン・ドメニコ湖には周りの山からの湧水が大量に流れ込んでいるのでとても透き通った湖になっていて、手を入れてみると冷たくて10秒も入れていたら凍傷になるほどの冷たさです。息子は、水の透明さに惹かれて、この冷たい湖に入って泳いだのですが、見ている方が震えてしまいました。

さて、スカンノ湖に着くと、あちこちに訪れた人々がくつろげるお食事処や湖上を遊覧できる乗り物を備えた施設やホテルが点在しているのが分かり、真夏に行けば避暑地としての人気の観光スポットになっていることを直ぐ感じとれました。ゴヤゴヤ大勢の人々が集まるところが好きではない私にとって、9月のスカンノ湖一周は、8キロもある長い道のりでしたがとても気持ち良く歩くことが出来ました。湖一週は、私たちのように家族連れでトラッキングしている人々がいたり、自転車で周る人々がいたりと、それぞれが美しい湖を見ながら楽しんでいるようでした。

写真と動画を掲載しますのでどうぞご覧ください。

隠れ家(Eremo)って、どんな所だろう!? ワクワク♪
eremo_3

やはり、修行にふさわしい神秘的な洞窟でした。
eremo_1

ここは、食べ物を作っていたところ。
eremo_2

サン・ドメニコ湖  奥に山の湧水が流れ落ちている滝が見えます。
eremo_4

水鳥がとっても絵になります!
eremo_5

本当に美しい湖!!! お祈りしたくなるほどの静けさです。
eremo_6

冷たい湖で泳いだ息子・・・
eremo_7

こちらがスカンノ湖。サン・ドメニコ湖よりも何倍も大きいそうです。
scanno_1

肉眼では見えないほど小さいのですが、一番奥に見えるのが「湖のサンタ・マリア教会」・・・
scanno_2

望遠レンズでちゃんと見えました!
scanno_3

バカンスシーズンは大勢の人で賑わいそうです。
scanno_4

水上を楽しむレンタルのボートが沢山置かれています。
scanno_5

湖畔の別荘の一つ
scanno_6

scanno_7

湖畔でくつろいでいる人もいました。
scanno_8

お庭付き貸別荘も魅力的ですね。
scanno_9

貸別荘のフェンスの上に置かれていた綺麗なジェラニオ!
scanno_10

scanno_11

scanno_12


サン・ドメニコ湖とスカンノ湖の動画


アブルッツォ旅行記その2に続く


にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村 読者のクリックが更新する意欲を生むのです!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m


田舎暮らし ブログランキングへ


イタリア語 ブログランキングへ
↑貴方のクリックが次の記事への活力源となっています!

私が教えるスカイプイタリア語「イタリアーノ塾」は、「スカイプイタリア語」で検索すると、GoogleでもYahooでも2011年から検索結果連続第1位をキープ! http://italianojuku.web.fc2.com/

「ドイツ語塾」スカイプドイツ語会話は、「スカイプドイツ語」で検索すると、GoogleでもYahooでも検索結果第1位! 初心者から検定試験対策まで楽しくドイツ語を勉強できる。
http://deutschjuku.web.fc2.com/

私もスカイプ通訳する 私の通訳者「マイ・インタープリター」は、イタリア語やドイツ語によるスカイプ国際会議や電話代行サービスが人気です。 http://myinterpreter.web.fc2.com/

「フランセ塾」スカイプフランス語会話は、新しくセルジュ講師をお迎えし、フランス語革命を進めてまいります!
http://francaisjuku.web.fc2.com/

フィオレンツァが『マレンマで一番美味しいサフラン』を送料無料(1g以上)でお届けします!
http://crocusfarm.web.fc2.com/

私のfacebookサイトは、
http://www.facebook.com/fiorenza.marchesi?sk=info&edit=basic#!/fiorenza.marchesi です。


">クリックして応援してください!

FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 
皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!


テーマ: イタリア

ジャンル: 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。