美しきトスカーナから!イタリア語も!美味しさも!楽しさも!

イタリア・トスカーナから美しきトスカーナ情報やイタリア語会話レッスン、イタリア料理レシピ等、イタリアに関する様々な報情をお届けします。

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

イタリア語会話リスニング教材asco2の概略その5(最終回) 

イタリア語会話リスニング教材ascotiamo in italiano 2の全10章を2章ごとに分けて5回シリーズで大まかに内容をお伝えしておりますが、今回は最終回の第9章と第10章をお伝えします。 ( asco2の概略その1に戻って始めから読む )

第9章「気候と環境」
第9章では、現在、イタリア人の関心事となっている気候と環境について幅広く学ぶことが出来ます。

hurricane

flood

また、イタリア語検定試験のCILSでも気候と環境に関するテーマは取り上げられることがあります。
ルカとキアラは、最近の気候が昔に比べてかなり変化したことを話し、これをきっかけにルカは、第1章でも紹介しましたように、大学で気候学を専攻し卒業した弟のレポートを説明し始めます。
そのレポートには、温暖化現象を引き起こした原因として、農業分野で化学肥料などに危険物が使われたこと、食品添加物の生産が環境へ害を与えたこと、その食品添加物が人間の健康にも害を与えたこと、農業や工業が発達し製造工程で二酸化炭素の排出量が増えたことなどの問題とそれらの対策が挙げられています。

さらに、ルカとキアラの会話は、各国の気候、環境、健康に関連する問題にも触れ、人々が実施している具体的な対策が盛り込まれています。その対策の中には直売の購入や有機栽培などが含まれています。
また、国別の有機栽培実施率を示すデータも掲載しています。
学習者は、気候・環境分野においての最新の話題を知ることが出来、更に、辞書にもまだ掲載されていない新しい用語や多くのボキャブラリを学ぶことが出来ます。

第9章の練習問題については、2択問題、3択問題、4択問題、質問の解答が正しいか否か、表を完成させる、表中の文章を完成させる、正しい文章を選択する、グラフを完成させる、質問に答える等の練習問題を用意しました。

第9章のワンポイント文法では、不定法の使い方を掲載しました。

第10章「最近のイタリアへの投資」
グローバルライゼーションは、もちろんポジティブ面もネガティブ面もあります。ポジティブ面では、沢山の外資系企業がイタリアに投資した事例を挙げています。イタリアは、中東地域と北欧の中間に位置しているため、古代から現在も貿易が盛んに行われ、更に、イタリア政府は外資系企業へ手厚い援助をするなど、繁栄する条件が整っており、ビジネスには最適な環境となっています。
company

学習者は、豊富な経済用語を学ぶことが出来、且つ、イタリア人の職種や給料の実態なども含め、イタリアにおける企業の経済状況を知る事が出来ます。

更に、仙台市に本社を持つマグファイン社がイタリアに子会社を設立し、その社長さんが私のイタリア語レッスンの生徒さんであったことからインタビューに応じていただき、イタリアへ投資した本当の狙いなど、核心的なイタリアビジネスの実情に迫っていく問答を聴いていただけます。
また、キアラがアンナに面接したことを事細かに説明していることで、学習者は、イタリア企業と面接する場合において、面接官とのやり取りの会話、そして、服装や態度等を参考にすることができます。

第10章の練習問題については、2択問題、3択問題、4択問題、質問の解答が正しいか否か、表を完成させる、正しい文章を選択する、グラフを完成させる、質問に答える等の練習問題を用意しました。

第10章のワンポイント文法では、不定法の名詞としての用法及び動詞としての用法を掲載しました。

さて、いかがでしたか? 具体的な内容をおおまかに示したことで、どのような教材であるかを知っていただけたと思います。
常に、継続して、リスニングをすることがイタリア語会話の上達につながるものと確信します。
本リスニング教材が一人でも多くの学習者のお役にたてるツールとなれば幸いです。

( 完)

★ ★ ★ ★ ★

イタリア語会話リスニング教材「ascoltiamo in italiano 1」の100会話をダウンロードしよう!
asco1cover_mini


イタリア語会話リスニング教材「ascoltiamo in italiano 2」の80会話をダウンロードしよう!
asco2cover_mini


「イタリア語会話リスニング教材!遂に完成!」のasco.1のブログ記事
http://italianojuku.blog135.fc2.com/blog-entry-200.html


スカイプ イタリア語会話レッスンの様子を動画でご紹介しています!

スポンサーサイト

テーマ: イタリア語

ジャンル: 学問・文化・芸術

イタリア語  :  trackback 0   :  comment 2   

イタリア語会話リスニング教材asco2の概略その4 

イタリア語会話リスニング教材ascotiamo in italiano 2の全10章を2章ごとに分けて5回シリーズで大まかに内容をお伝えしておりますが、今回は第7章と第8章をお伝えします。 ( asco2の概略その1に戻って始めから読む )

第7章「侵入」
第6章から徐々に、B2レベルに対応する会話内容に変わり始めていますが、第7章から第10章までは、本格的なB2レベルの内容となります。様々なことを話題にした会話を巡って、奥深くクローズアップした内容の会話や長文等を掲載しており、全てのスクリプトでは、イタリア語が上達するようにと適切な文法を取り入れるよう意識しました。話す速度はイアリア人が普通に話す速さに設定されていますので、慣れるまではその会話の速さに戸惑うことがあるかもしれません。

thief

さて、この第7章「侵入」では、実際に私が経験したことを踏まえて、イタリアの実情を知っていただく意味も込めて制作しました。
学習者がイタリア滞在中に警察官が介入するような事件に巻き込まれないように、又は、万が一、巻き込まれたとしても、この章で取り上げている内容を参考にして解決していただければ幸いです。
従って、他の章と同様に、何度も繰り返しリスニングしていただき、このような内容の会話をいつでも話せるように準備していただきたいと思います。

第7章の始まりにある3つの長文では、イタリアの盗難事件に関する実際のデータを盛り込んであり、これらの事件を分析した原因と対策を掲載しております。
データ内には、沢山の数字が使われているので、数字にも慣れていただくことが出来ます。
また、盗難の対象となる品目のランキングをも掲載していることで、学習者は、自分の持ち物が盗難される確率の高低を知ることができ、常に盗難されないようにと注意することで、盗難を防止することに繋がります。
もちろん、リスニング力、長文読解力、作文力、会話力がアップし、ボキャブラリも増やすことが出来ます。

3つの長文の次に掲載してあるのは、空き巣に合ったアンナと警察官との会話であり、この会話のやり取りは、私が実際に盗難事件に巻き込まれたときに警察官とやり取りした時のリアルな会話を再現したものです。

そして、アンナとキアラのメールでのやり取りでは、盗難事件を短く要約した形に表現してあるので、学習者は、長文のスクリプトを要約して話す表現方法や長文を要約してまとめる書き方を学ぶことが出来る。

第7章の練習問題については、まず、正しい文章を選択する、質問の解答が正しいか否か、表中の文章を完成させる、2択問題、4択問題、質問に答える、枠内から正しい言葉を選択し文章を完成させる等の練習問題を用意しました。

第7章のワンポイント文法では、接続法大過去の使い方を掲載しました。

第8章「ホテルでのイベント」
第8章は、CILS検定などのB2レベルを対象に設定しており、様々なテーマ・内容のインタビューを含むリスニングが出来るようにしています。
新聞雑誌等を見ると、最も多くみられるのは、健康・美容に関連した話題です。私自身も、より健康になるために何が出来るのかを常に考えて探究し続けています。いつまでも健康を維持できれば活発的にポジティブな人生を送り続けたいと願っているからです。

running

第8章では、統計データに基ずくインタビューや記述を含んでおり、
食生活を通して何が出来るのか?
細胞はどのように老化現象につながるのか? 
老化現象を防ぐために何が出来るのか?
食事、精神、運動の3要素を見直すことの大切さなど、
統計データに関連させた興味を惹くスクリプトの構成にしています。
学習者は、辞書に載っていない最近の話題に用いられる新しい言葉を知ることが出来、ボキャブラリが増え、その使い方や表現も学ぶことが出来ます。

第8章の練習問題については、質問の解答が正しいか否か、正しい文章を選択する、2択問題、3択問題、4択問題、枠内から正しい言葉を選択し文章を完成させる等の練習問題を用意しました。

第8章のワンポイント文法では、接続法の現在、過去、半過去、大過去の違いについてを掲載しました。

( asco2の概略その5に続く )

★ ★ ★ ★ ★

イタリア語会話リスニング教材「ascoltiamo in italiano 1」の100会話をダウンロードしよう!
asco1cover_mini


イタリア語会話リスニング教材「ascoltiamo in italiano 2」の80会話をダウンロードしよう!
asco2cover_mini


「イタリア語会話リスニング教材!遂に完成!」のasco.1のブログ記事
http://italianojuku.blog135.fc2.com/blog-entry-200.html


スカイプ イタリア語会話レッスンの様子を動画でご紹介しています!

テーマ: イタリア語

ジャンル: 学問・文化・芸術

イタリア語  :  trackback 0   :  comment 0   

イタリア語会話リスニング教材asco2の概略その3 

イタリア語会話リスニング教材ascotiamo in italiano 2の全10章を2章ごとに分けて5回シリーズで大まかに内容をお伝えしておりますが、今回は第5章と第6章をお伝えします。 ( asco2の概略その1に戻って始めから読む )

第5章「ホテルで」
ルカのホテルのフロントで仕事をするようになったキアラは、初日にルカからホテルの部屋についての説明を受けた。学習者は、部屋のレイアウトの中での左右前後などの副詞を理解し、「どこに何々がある」などの状態を、聴いただけで頭にイメージすることが出来るように学習する。

フロントで日本人客と接する会話の中に、出発日、チェックアウト日時、追加料金、アレルギーの人向けの特別メニュー、観光情報などを含むキーワードが含まれているので、学習者は、そのキーワードを聴き取れるようにする。又は、読み取れるようにする。そして、キアラと外国人客との会話を繰り返し聴くことで、学習者は、自分が外国人客となった場合にホテルのフロントと問題なく話ができるようにする。

キアラは日本人客にトレッキングや山について説明する。
trekking

chalet

キアラと日本人客との会話では、その日本人客が自分の経営する会社で、キアラのような能力を持つ人を募集していたことから、キアラに興味を持ち始め、第10章の会話内容につながる切っ掛けとなる。

また、天気予報を聴き、更に、悪天候でも安全にトレッキングできるアドバイスを繰り返し聴くことで、学習者は、実際に天気予報を聴いて直ぐに理解できるようになり、また、観光案内所でのアドバイスを一方的に早口で情報提供された場合においても、重要なキーワードを全て聴き取ることが出来るようになる。このような聴き取りに慣れることで、旅行においても、検定試験のリスニングにおいても相手の話す内容を直ぐに理解できるようになります。

第5章の練習問題については、まず、質問に答える、枠内から正しい言葉を選択し文章を完成させる、正しい文章を選択する、質問の解答が正しいか否か、穴埋め問題、2択問題、4択問題、表中の文章を完成させる等の練習問題を用意しました。

第5章のワンポイント文法では、接続法過去の使い方を掲載しました。

第6章「ハイキング」
アンナは、マドンナ・ディ・カンピッリョに訪れる前にキアラにメールを書き、キアラはアンナに返信する。
学習者は、検定試験の作文のテーマにも度々使われる「友人に手紙を書く」ことが習える。また、トレッカーのイタリア語の注意事項の書き方としては、多くの場合、動詞の原形が使われるので、マニュアルの注意事項を通して、注意事項の書き方を学ぶ。
3人が山に登り、最近の様々な話題を通して、学習者は、代名詞、複合代名詞、現在進行形、動詞の時制、動詞の変化、半過去、接続法、条件過去などの使い方を習得する。

健康は歩くことで・・・
walking

「歩くのは健康に良いこと」に関連する統計的な情報の長文を読み聴きすることで、内容を瞬時に理解できるようにする。また、検定試験を想定し、本文に挿入されたキーワードを記憶できるようにする。

第6章の練習問題については、質問に答える、正しい文章を選択する、間違いを正しく書き変える、2択問題、4択問題等の練習問題を用意しました。

第6章のワンポイント文法では、接続法半過去の使い方を掲載しました。

( asco2の概略その4に続く )

★ ★ ★ ★ ★

イタリア語会話リスニング教材「ascoltiamo in italiano 1」の100会話をダウンロードしよう!
asco1cover_mini


イタリア語会話リスニング教材「ascoltiamo in italiano 2」の80会話をダウンロードしよう!
asco2cover_mini


「イタリア語会話リスニング教材!遂に完成!」のasco.1のブログ記事
http://italianojuku.blog135.fc2.com/blog-entry-200.html


スカイプ イタリア語会話レッスンの様子を動画でご紹介しています!


テーマ: イタリア語

ジャンル: 学問・文化・芸術

イタリア語  :  trackback 0   :  comment 2