美しきトスカーナから!イタリア語も!美味しさも!楽しさも!

イタリア・トスカーナから美しきトスカーナ情報やイタリア語会話レッスン、イタリア料理レシピ等、イタリアに関する様々な報情をお届けします。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

野ウサギ赤ちゃん やって来た! 

ちょうど2週間前の出来事。
家族みんなで畑に水をあげていたら、利多(Rita)が「ウサギだー!」と大声で叫んだ。
家族みんなが水かけをやめて利多の所に集まった。
見ると、ウサギの赤ちゃんがインゲン畑の中に隠れていたのだ。
あまりの小ささに驚いた。野ウサギはいつも家の周りで駆け回っているので見慣れているが、こんなに小さいのは初めて見た。生後1ヶ月を過ぎたくらいの大きさでしょうか。

手袋をかけていた旦那が赤ちゃんウサギを持ったところ、手足をばたつかせて、特に足の動きが赤ちゃんと言えども、とても強く、蹴ろうとして、一生懸命、手から逃げようとしていた。

私たちは考えた。きっと、お母さんウサギが、干ばつで、草も枯れ果てた巣の近くから、緑の生い茂る私たちの畑に赤ちゃんを連れてやって来たのだろうと。

それでは、お母さんウサギが近くに隠れて見守っているに違いないと思い、赤ちゃんウサギを同じ場所に戻して、私たちは家に戻った。

次の日、また、畑に水かけに行ってみると、今度は、富男が「また、ウサギがいる~!」と言ったので、皆で見てみると、昨日、見た野ウサギの赤ちゃんが、今度はトマト畑の中に隠れてじっとしていたのだ。富男が素手で捕まえたけれども、ウサギが全く抵抗しなかったことにみんな気づいた。
「ジリジリ暑い太陽の下で、まる1日過ごしたのだろうか?」
「何も食べずに、熱中症のように、ぐったりして元気がないのだろうか?」
「お母さんウサギは、結局、迎えに来なかったのだ!」
「どうしようか?」と子供たちが私の顔を覗き込んだ。
私は言った。
「持って帰ろう!もう1日、ここに置いたら死んでしまうかも。」
私は、野生の動物を捕らない主義なのだが、今回の場合は保護しなければ死んでしまいそうだったのでしょうがなかった。

子供たちは、クワガタを観察する為に作った箱の中に入れて飼うことに決めたようだ。7、8月には、毎日、夕方になると十数匹のクワガタが風に乗って私たちの家の周りまで飛んでくるので、クワガタを観察するために作った箱で、中には、土、腐りかけた木の葉や枝、木の皮、そして水がきれいに置かれていた。
ところが、今年は干ばつの影響で、まだ、1匹のクワガタも飛んできていなかったのだ。
ウサギを飼うのに、ちょうどよい環境だ。

あまりにも小さく、まだ赤ちゃんうさぎなので、すぐにロッカルベーニャの薬局に粉ミルクを買いに出かけた。
私が薬局に入った後に、3、4人のお客さんが入ってきた。
私が、「粉ミルクをください。」と言うと、薬局の人は私に赤ちゃんがいないことを知っているので、不思議そうに「どんな粉ミルクが欲しいの?」と聞くので、野ウサギの赤ちゃんのことを全て話した。
話し終わると、後から入って来たお客さん達が、皆一斉に話し始めた。
お客の一人は、「ウサギのお母さんは危険を感じたら、赤ちゃんをいろんな場所に隠す習性がある。例えば、キツネに巣の在り処を見つけられると、その巣の中で赤ちゃんたちを隠すが、そのキツネが過ぎ去ると同時に、赤ちゃんウサギを巣から離れた別々の場所に次々と隠すんだよ。」
それを聞いて、(畑に隠した赤ちゃんの所に戻ってこなかった)お母さんウサギは、もしかしたらキツネに食べられてしまったのかなぁと思った。
もう一人のお客はこう言った。「野ウサギは野生動物の中で、最も野性的な動物である。人に慣れることは無いし、人からもらう食べ物なんかは食べないんだよ。 例えば、イノシシやシカの赤ちゃんなら、人は拾って育てることが出来るけど、野ウサギは自分を死なせるのだ。育てるのは絶対に無理だ。」
それを聞いた私は、あんなにも可愛いらしい赤ちゃんが死ぬのかと思い悲しくなった。
駄目でもしょうがないと思いながら、結局、液体になっている粉ミルクを買って試してみようと薬局を出た。

家に戻るとすぐに、薬局で聞いたことを子供たちに話し、飼ったとしても死ぬことになるかも・・・と伝えたが、子供の目はキラキラ輝くばかりで、諦めないのが子供の良いところ。「頑張ってみる。」と言って、自分たちのおもちゃ箱からスポイトのようなものを持って来て、粉ミルクをスポイトに入れると早速、赤ちゃんウサギの口に流し込んだ。が結局、吐き出した。やはり、薬局でお客の一人が言った通りになる・・・

富男が「ミルクを自分が飲むんだったら冷たいミルクは嫌だから」と言って、容器に熱めのお湯を入れ、その中にミルクの入ったスポイトを入れて温めてから再び飲むかどうか黙々と試していた。

「飲んだ―!飲んでる飲んでる♪」と大きな声で言った。
皆も目を大きくして飲んでる様子を見守った。
「おー!本当に飲んでる飲んでる♪♪」

結局、保護してから2週間が過ぎた今、ミルクと私たちの食べ物のパスタやサラダやフルーツなど、私たちの手から何でも食べるようになって、すくすくと育っている。本を読みながら手のひらに赤ちゃんウサギを持っていると、手のひらの上でぐっすり眠るし、私たち家族にとても慣れてきた。

今は可愛くてしょうがないが、春になってウサギが大きくなった時、私は自然に戻すつもりでいる。子供たちは自然に返すことを理解してくれたが、自然に戻すと言った瞬間から、子供たちは静かな表情で何も言わず、でも長い時間、涙が止まらなかった・ ・ ・


あまりにも可愛いので写真を沢山撮りました。
片手のひらに乗るくらい小さい!
lepre1

lepre2

スポイトでミルクを飲む時も可愛い!
lepre3

lepre4

まるで、ぬいぐるみが万歳をしているみたい!?
lepre5

耳を隠せば、まるでリスかマーモットの赤ちゃんと思うほど区別がつかなくなる!?
lepre6

頭のてっぺんから足の裏までカワイイ!
lepre7

どんなポーズでも絵になる野ウサギの赤ちゃん!
lepre8

ソファーの上に置いてみたけど、あまりにも小さい赤ちゃんウサギ!本当に小さい・・・
lepre9

本当にきれいな赤ちゃんウサギ!
lepre10

スイカは、ウサギもニワトリもみんな大好き!特にニワトリが白い皮のところまでも食べるのです。
lepre11

lepre12



田舎暮らし ブログランキングへ


イタリア語 ブログランキングへ
↑貴方のクリックが次の記事への活力源となっています!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」! 
現在、上級クラスの3名でのグループレッスン(1レッスン450円)にお一人の方が申し込んでいます。このグループレッスンへの参加をご希望される方は、サイトのお試しレッスン予約フォームからお知らせ下さい。
http://italianojuku.web.fc2.com/

海外旅行にとっても便利!私も携帯で通訳する“私の通訳者「マイ・インタープリター」”
http://myinterpreter.web.fc2.com/

私のfacebookサイトは、
http://www.facebook.com/fiorenza.marchesi?sk=info&edit=basic#!/fiorenza.marchesi です。

クリックして応援してください!

FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 
皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!



スポンサーサイト

テーマ: トスカーナ便り

ジャンル: 海外情報

田舎生活  :  trackback 0   :  comment 5   

コメント

フィオレンツァ様

チャーオ!トスカーナ 糸杉 ブログの管理人です。
いつもブログを拝見させて頂いております。
子ウサギの記事は、胸が熱くなりました。お子様達は、やさしい大人に育ってゆくのでしょうね。またトスカーナの自然につつまれた、シンプルで心温まる生活が、ドラマのように目の前に広がって来るようであります。本当に、ハートフルな出来事だと思います。心から「チャーオ!トスカーナ」であります。
10日後にお近くまで参ります。ソラーノあたりから北西に向かい「うさちゃん頑張って・・・・・・・・・・・・・」と声を掛けたいと思います。

Granpa di Itosugi #QZmgG3NE | URL | 2012.08.02 22:09  edit

Granpa di Itosugi 様

優しいコメントをありがとうございます。
そして、いつもブログを読んでくださってとても嬉しいです。
もうすぐソラーノに来られるのですね。中世時代の雰囲気がそのまま残っていて、情緒があり、神秘的な感じに包まれた綺麗な街です。
良いご旅行になりますよう心からお祈りいたします。
Buon Viaggio!!!

イタリアーノ塾 #MlQgtKFg | URL | 2012.08.03 05:34  edit

野ウサギの赤ちゃん、とってもかわいい!思わず・・・我が娘とダブらせてしまいました。おめめクリクリのところも似ている(親バカですね!) !うちの娘も二カ月で、あっという間にまるまると大きくなったので、野ウサギの赤ちゃんも、すくすくと大きくなるのでしょうね。 いつもブログを読ませて頂くたびに、先生のお子様達が本当に大自然の中で、のびのび、心豊かに育っておられるのだなぁと羨ましく思います。理想の子育てだなぁ…と。 サフランの記事も興味深く読ませて頂いています。家で、プランターで育てられるなんて驚きでした。サフランは一、二回しか使ったことがないので、まずはサフラン料理に慣れないといけませんね。 今日は子供達も早く寝たので、イタリア語の予習を今から頑張ります。
また、レッスン宜しくお願い致します。いつも素敵なブログ、ありがとうございます(なかなかコメントが書けずすみません。でも、拝見しています)

AI #- | URL | 2012.08.08 20:58  edit

>AIさんへ
素敵なコメントありがとうございます。
赤ちゃんのおめめクリクリは本当にウサギの赤ちゃんのようで可愛いですよね。
私は子供の頃、街に住んでいましたが、夏になると自転車で、毎日、田舎の親戚の農家に遊びに行って楽しい思い出となったのです。
その楽しさを子供にも経験させたくて、田舎暮らしを決めたのでした。

サフランのプランター栽培も簡単にできるのでトライしてみてはいかがでしょうか?
サフラン料理も、また載せますので、是非作ってみて下さいね。

イタリア語の上級クラスの文法もそろそろやっと終わりますので、後は、イタリア語のどんなことにもチャレンジできると思います。引き続き頑張って下さい!!!
Ci vediamo alla prossima lezione! Ciao!

イタリアーノ塾 #- | URL | 2012.08.09 00:53  edit

Re: タイトルなし

> >AIさんへ
> 素敵なコメントありがとうございます。
> 赤ちゃんのおめめクリクリは本当にウサギの赤ちゃんのようで可愛いですよね。
> 私は子供の頃、街に住んでいましたが、夏になると自転車で、毎日、田舎の親戚の農家に遊びに行って楽しい思い出となったのです。
> その楽しさを子供にも経験させたくて、田舎暮らしを決めたのでした。
>
> サフランのプランター栽培も簡単にできるのでトライしてみてはいかがでしょうか?
> サフラン料理も、また載せますので、是非作ってみて下さいね。
>
> イタリア語の上級クラスの文法もそろそろやっと終わりますので、後は、イタリア語のどんなことにもチャレンジできると思います。引き続き頑張って下さい!!!
> Ci vediamo alla prossima lezione! Ciao!

イタリアーノ塾 #- | URL | 2012.08.09 05:46  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://italianojuku.blog135.fc2.com/tb.php/114-601a76e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。