美しきトスカーナから!イタリア語も!美味しさも!楽しさも!

イタリア・トスカーナから美しきトスカーナ情報やイタリア語会話レッスン、イタリア料理レシピ等、イタリアに関する様々な報情をお届けします。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

3000mからの下山 

山登りは一見大変そうに見える。今回、ロープウェイでPejo(ペイヨ)からモンテ・ヴィオツ(Monte Vioz)の8合目の3000mまで登り、歩いて降りるだけだから、ちょっと楽な登山かなぁと思ったりもしたが、こんなに高い山は子供たちにとって初めてなので、不安な気持ちもチラリ。
いざ、下山。下り道を眺めてみたら「うわぁ!」石がゴロゴロ、かなり急な下り道で道幅は肩幅くらいしかない。しかも、道の上にも沢山の石があちこちに転がっていたので、歩き難そうだ。

Pejo3000のロープウェイで登った標高3000mから眺めたモンテ・ヴィオツの景色
pejo3000からの下山_1

モンテ・ヴィオツの頂上。 頂上の右下に小さくリフジョが見える。
pejo3000からの下山_2

写真の中、右側に下山道が見えるが、雪解け水が流れる川が並行して走ってる。
pejo3000からの下山_3
石、岩があたり一面に!
pejo3000からの下山_4

一瞬、考えて「ロープウェイで戻ろうか?」とみんなに言ったら、子供たちが「歩いていけるよ。大丈夫と思う。」と言うので、ゆっくりとブレーキを掛けるようにしながら緊張して下り始めた。上級者向けのスキーコースだけあって、かなり急な斜面が続いた。

暫く下ると、氷山からの雪解け水が勢いよく流れていた。
pejo3000からの下山_5
この川をどのようにして渡ったら良いか考えていたら、後ろからドイツ人4人のグループが下りてきて、先頭を歩いているガイドさんが一番渡りやすい場所を知っていたようで、私たちが困っていることを察したのか、目で合図をし、親切に私たち一人ひとりの手を取って川を渡らせてくれた。渡れないでいただけに有難かった。お礼を言うと、彼らは今からモンテ・ヴィオツのリフジョ(山小屋)に向かうと言って分岐点から登り始めた。
彼らの出発を見て、山に聳え立ってるリフジョを見て、私たちもモンテ・ヴィオツ(標高3645m)のリフジョまで行ってみたくなった。道標に「4h」と記されていたので、往復8時間かかるし、噂では、かなり急な斜面で結構難しいコースと聞いていたので、今回ではなく、次回、覚悟を決めて登るつもりだ。

モンテ・ヴィオツのリフジョ
pejo3000からの下山_9

モンテ・ヴィオツの山頂近くのリフジョからは、スイスアルプスが見えるし、ドロミティも見えるし、オーストリアも見えるそうなので、考えただけでもワクワクする。

20分くらい下りただろうか、また、コースを勢いよく流れている川が道を横切っている。今度は後ろを見たが誰もいないので、自分たちで一番渡りやすい場所を探さなければ・・・。
pejo3000からの下山_6

「手を引っ張るから、ジャンプして!」
pejo3000からの下山_7

(何とか川を渡れるかな・・・ 滑って転べば濁流に飲み込まれる・・・)
pejo3000からの下山_8
かつて、このような川に息子の富男が滑って落ちた経験があるので、特に気を使った。今回は渡る時、凄く緊張して渡ったせいか何とか無事渡れた。

標高2300mのドス・デイ・チェンブリ(Doss Dei Cembri)のリフジョまで下りると、そこから下は楽しんで下れるコースなのでワイワイお喋りをしながら、リスのような動物のフレットにも出会い、ハイキング気分で下山しました。

ドス・デイ・チェンブリのリフジョ。道標にはモンテ・ヴィオツのリフジョまで4時間と記されている。
pejo3000からの下山_10

途中、綺麗な湖があった。
pejo3000からの下山_11
湖の上に見える3000mクラスの山々も絵のように見えました。
pejo3000からの下山_12

下山した時、山麓にあるPEJO(ペイヨ村)の博物館で「白い戦争」の展示品を見学したので、次回は、「白い戦争」物語を作ってみます。
お楽しみに!!!


田舎暮らし ブログランキングへ


イタリア語 ブログランキングへ
↑貴方のクリックが次の記事への活力源となっています!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」! 
現在、上級クラスの3名でのグループレッスン(450円/1レッスン・お一人)にお一人の方が申し込んでいます。このグループレッスンへの参加をご希望される方は、サイトのお試しレッスン予約フォームからお知らせ下さい。
http://italianojuku.web.fc2.com/

海外旅行にとっても便利!私も携帯で通訳する“私の通訳者「マイ・インタープリター」”
http://myinterpreter.web.fc2.com/

私のfacebookサイトは、
http://www.facebook.com/fiorenza.marchesi?sk=info&edit=basic#!/fiorenza.marchesi です。

クリックして応援してください!

FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 
皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!


スポンサーサイト

テーマ: イタリア

ジャンル: 海外情報

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://italianojuku.blog135.fc2.com/tb.php/124-d5b5a57b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)