美しきトスカーナから!イタリア語も!美味しさも!楽しさも!

イタリア・トスカーナから美しきトスカーナ情報やイタリア語会話レッスン、イタリア料理レシピ等、イタリアに関する様々な報情をお届けします。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

サフラン物語(第7話) 

普段は遅く起きる伯爵が、早朝に宮殿の中の階段を泥棒のように静かにゆっくりと降り、狩り用の服を着て、馬屋に行き、馬にまたがるとサフラン畑まで行くのだった。

畑では、既に大勢の村の女たちが籠を持ち、静かにサフランの花を摘んでいた。
伯爵は花の咲いている畑の中を歩いて作業を見ていた。
咲き初めの頃と比べてだいぶ雰囲気が変わって来た。

女たちは大変そうにサフランの花を摘んでいる。
更に、花を摘んだ後、それらの花を作業小屋に持ち帰り、めしべ取り作業が始まるのだった。
めしべ取りの作業も簡単ではない。

伯爵は、最高の品質のサフランを差し出すことを既に王様と貴族たちに話をしていた。
従って、スペインと違って、めしべの赤い部分だけを切り取ったサフランを準備しなければならなかったのだ。
女たちは、1本の白いめしべの部分も入らないようにと、特に気を使って赤いめしべだけを切り取る作業を続けていた。

しかし、みんなの疲れた顔や、中には、腰が立たなくなった女を見て、伯爵は深く考えるのだった。
そして、思った以上にサフランの収穫の大変さを痛感したのだった。
伯爵は、心の底から、常に民の健康を気遣っているだけに心を痛めた。

民の労働条件と生活状態をよくしない限り、この仕事は続かないと感じたのだが、サントゥッチ神父が言ったことを守らなければ球根は死んでしまうと言うことも忘れてはいない。
植物学者でもあるサントゥッチ神父が言ったこととは、収穫が終わり、秋の長雨や冬の厳しい寒さが来る前に、溝を掘って植え付けをしたサフランの球根をもう一度掘り起こし、掘り出した球根を藁にくるみ、倉庫に保管する一環の作業のことで、スペインと違うナッベリ市の気候環境に合わせた独自の方法であった。
この方法を発案したことでサフランの球根にダメージを与えないばかりではなく、サフランの品質の特性を更に高めることになるのだ。
毎年、大量の球根を、春に植えて、その年の秋に掘り出す作業は、とても大変であったが、この方法が、二者択一の選択余地の無い、ナベッリ市でサフラン生産を成功させる唯一の方法であった。

(スペインでは、サフランの球根は一度植えたら掘り出さず、寿命の7、8年間を収穫し続けていた。)

女たちの大変そうな作業を見つめながら、これしかない。これしかないのだ。と強く思った。
そして、急いで、民に報告しなければ・・・


昨日、サフランの収穫をほぼ終えた。
私も、他の女たちもだいぶ疲れが溜まったようだ。
短い期間だったが、作業が思ったより厳しく、腰痛で立てなくなったり、肩凝りで腕が上がらなくなったりとサフラン収穫の厳しさを知らされたのだ。
サフランの花が満開を迎えた時などは、めしべの収穫と乾燥作業が夜遅くまで続いたこともあった。
その時は、サフランを心から憎んだりもした。
サントゥッチ神父がスペインから球根を持って来ない方がよかったと思った。
ナベッリ市が繁栄すると言う意味は、私たちの繁栄ではなく、私たちは奴隷のように扱われて、伯爵や貴族たちが繁栄すると言う意味だったに違いない。
私も若い時に思ったことを覚えているが、プリモが伯爵の奴隷になりたくないと言ったことはよく分かっている。
でも、身分も、権利も、教育も、お金も無いのでどうしようもないのだ。
長い作業で疲れたせいか、いつも明るくしようと努力している私でさえも、今日は気持ちも落ち込んでいるのだった。

突然、村の塔のある方角から角笛の大きな長い音が聞こえてきた。
一体何が起きたのだろうと、大衆は足早に塔の前の広場に集まって来た。
すると、伯爵の一人の家来が、太鼓を叩き始めた。
大衆全員が集まった頃、太鼓を叩くのを止めた家来が、胸元から巻物を出し、大きな声で書状を読み始めた。

「Il conte annuncia!
<伯爵が申しております!>

In onore a Navelli, allo zafferano e a voi tutti, si terra` una grande festa che durera` tre giorni.
<ナベッリ市、サフラン及び全ての民に敬意を表し、3日間の長い祭りが開催される。>

Ci sara` da mangiare e da bere a volonta` per tutti.
<全ての民が思う存分飲み食いできる。>

Menestrelli, cantastorie, saltimbanchi, giocolieri allieteranno questi giorni.
<吟遊詩人、大道歌師、曲芸師、奇術師達がこれらの日々を楽しませてくれる。>

Guerrieri a cavallo si disputeranno in lotte.
<騎士の競い合い。>

Nel mezzo della festa, il conte annuncera` qualcosa di molto gradito.
<祭りの間に、伯爵が全ての民にとっての朗報を述べる。>

Non mancate. Siete tutti invitati.
<全ての民が一人残らず招かれる。>

I festeggiamenti inizieranno domani!
<祭りは明日始まるのだ。>」

家来が書状を読み終わると同時に、大衆は初め、信じられない顔をしていたが、喜びが込み上げてきて、嬉しさを抑えきれず拍手して喜ぶ者もいれば、隣同士で満面の笑顔で感動し合う者や飛び跳ねて喜ぶ者達の歓声が長く続くのだった。
仕事も休めるし、沢山楽しめるし、伯爵はどんな朗報を述べられるのかがとても気になり、眠れないほどに明日が待ち遠しい大衆達であった。

(次回第8話の最終回に続く)

今回のレシピは、簡単に直ぐ作れる「サフラン入りヨーグルト」!!!
saffron11
200gのプレーンヨーグルトに粉状にしたサフラン1袋(0.1g)を入れてかき混ぜるだけ。
甘さ加減は、お好みに合わせて、蜂蜜や砂糖などを加えて下さい。
モロッコでは、毎朝、サフラン入りヨーグルトを食べるそうです。


田舎暮らし ブログランキングへ


イタリア語 ブログランキングへ
↑貴方のクリックが次の記事への活力源となっています!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」! 
http://italianojuku.web.fc2.com/

フィオレンツァが『マレンマで一番美味しいサフラン』を30%割引(初回)+送料無料(1g以上)でお届けします!
http://crocusfarm.web.fc2.com/

私のfacebookサイトは、
http://www.facebook.com/fiorenza.marchesi?sk=info&edit=basic#!/fiorenza.marchesi です。

ドイツ(語)のことなら、このブログ。本当に役に立つことばかりが書かれているのでお勧めします!
http://deutschjuku.blog.fc2.com/

「ドイツ語塾」スカイプドイツ語会話は、「スカイプドイツ語」で検索すると、GoogleでもYahooでも検索結果第1位! 初心者から検定試験対策まで楽しくドイツ語を勉強できる。
http://deutschjuku.web.fc2.com/

クリックして応援してください!

FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 
皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!

スポンサーサイト

テーマ: トスカーナ便り

ジャンル: 海外情報

サフラン  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://italianojuku.blog135.fc2.com/tb.php/135-f4010dda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)