FC2ブログ

美しきトスカーナから!イタリア語も!美味しさも!楽しさも!

イタリア・トスカーナから美しきトスカーナ情報やイタリア語会話レッスン、イタリア料理レシピ等、イタリアに関する様々な報情をお届けします。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

リスニング教材をご購入された方からのコメント_その2 

前回はイタリア語会話リスニング教材asco1のコメントをご紹介致しましたが、今回はasco 2 (ascoltiamo in italiano 2)をご購入された方からのコメントを紹介します。

*************************************
「はじめまして。私は、独学で実用イタリア語検定の3級に合格したものの、イタリア語会話が出来ないと言うか、聴き取り力が弱いのとヴォキャブラリが少ないことで、イタリア人が何を言っているのか、ほとんど理解できず、もし理解したとしても返したい言葉が直ぐに出てこないレベルでした。

そんな私がこのasco2のリスニングでどんどんイタリア語会話に自信が出始め、先週のイタリア旅行の際、
多くのイタリア人とコミュニケーションがとれるようになり大満足して帰ってきました。

イタリア人が何を言っているのか信じられないくらい分かるようになり、直ぐにレスポンスも出来るようになったのです。イタリア人との会話がとても楽しかったし、自分から積極的に話しかけることも出来るようになったことで、相手のイタリア人も親切にニコニコ顔で話してくれるようになりました。このように会話が弾むと、イタリア旅行の行く先々でのシーンがとても味のある素晴らしい想い出となり、イタリアの魅力を今まで以上に感じ取れるようになったのです。

自分なりに思ったことですが、asco2の会話小説のストーリーに興味がわき、次はどんな展開になるのかが気になり、どんどん聴きまくったのが良かったのだと思います。会話の速度も章を重ねるごとに速くて聴き取れない!と感じることも度々でしたが、何度も繰り返し理解できるまで聴き続け、分からない単語は直ぐに語彙ページに移動して調べるようにしたことで、私の苦手だった「聴く・話す」や「ヴォキャブラリ」などの苦手意識が無くなったのだと思います。

一通り聴き終えましたが、もう一度、はじめから聴いて、今度は練習問題にもチャレンジしようと思います。
聴けば聴くほどリスニング能力が高められるってサイトに書いてありましたが、全くその通りでした。」
*************************************

嬉しくなるコメントをいただいて感謝しています。今度は沢山の練習問題もこなしていただいた後、Cils検定の B2に挑戦していただきたいです。

そして、イタリア旅行が楽しかったとのこと。やはり、旅先での会話は、旅行の素晴らしさを左右する大切なもの。
私の作った教材が人に喜んでもらえたことは、心が熱くなるくらい嬉しいですし、「苦労したけど、やっぱり作って良かった!」と言うのが本音です。

イタリア語に限らず、どんな言葉でもそうだと思いますが、言葉を学んで話せるようになることって、物凄い財産のような気がします。

違う国の人々と交流が出来るようになったり、違う国の文化も学べるし、知らなかったことも次々と知ることが出来るようになる。うまく言えないけど、自分の世界が広くなるような感じがします。

イタリア語は、奥深いので、学べば学ぶほど、新しい発見もあります。生涯学習の一つとして、或いは、言葉を学び、常に頭を働かせることで、いつまでも若々しくいたいと頑張っている学習者も沢山増えているようです。

コメントされた方も、そして、イタリア語学習者の皆さんも、いつまでも積極的にイタリア語に触れていただきたいものです。
コメントされた方に心を込めて・・・Grazie!
grazie3


★ ★ ★ ★ ★

イタリア語会話リスニング教材「ascoltiamo in italiano 1」の100会話をダウンロードしよう!
asco1cover_mini


イタリア語会話リスニング教材「ascoltiamo in italiano 2」の80会話をダウンロードしよう!
asco2cover_mini


「イタリア語会話リスニング教材!遂に完成!」のasco.1のブログ記事
http://italianojuku.blog135.fc2.com/blog-entry-200.html


スカイプ イタリア語会話レッスンの様子を動画でご紹介しています!


スポンサーサイト

テーマ: イタリア語

ジャンル: 学問・文化・芸術

イタリア語  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://italianojuku.blog135.fc2.com/tb.php/243-50dbedc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)