FC2ブログ

美しきトスカーナから!イタリア語も!美味しさも!楽しさも!

イタリア・トスカーナから美しきトスカーナ情報やイタリア語会話レッスン、イタリア料理レシピ等、イタリアに関する様々な報情をお届けします。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ホームステイの良さ 

最近は、エアービーアンドビー(Airbnb)、カーシェアリング(Car Shearing)、ブラブラカー(BlaBla Car)、カウチサーフィン(CouchSurfing)、イートウィズ(Eatwith)等のようなサイトが世界的に普及し、人気を集めるようになりました。
これらのサイトでは、個人がサービスを提供する側に参加すると、自宅の空き部屋、又は、マイカー、自分の自慢料理を他人に提供するだけで、ビジネスとして収入が得られることになるのです。

しかも、これらのビジネスを開始するには、従来、働くために企業に提出していた履歴書に記載すべき特別な資格(ホテルスクール卒やタクシー運転に必要な二種免許資格、地理試験合格証等)が求められず、自分の顧客を満足させるサービス精神と時間、そしてフレンドシップを持つ人であれば誰でもビジネスを開始できるのです。

考えてみれば、このビジネスは、より多くの個人が手軽に参加できると言う点では、産業革命後の長い歴史上でも革命的なビジネスであり、また、最近、少なくなってきたと言われているコミュニケーションを取り戻すことにも繋がるのです。

今の世の中は、技術はどんどん進歩していくのですが、それに反して、リアルなマン・ツー・マンのコミュニケーションが乏しくなっているのです。
Facebook等のSNS上で数百人以上の数多くの友達を作ることができても、本当に心と心が繋がって何でも話せる人は手で数えられるぐらいしかいないか、或いは、全くいないか、が実態です。
また、今は、ネット上で検索すれば、格安の航空便チケットも買えますし、高級5つ星ホテルからソファーを借りての無料宿泊のカウチサーフィンまで自由に選べるようになったので、誰もが世界中どこにでも行けるようになりました。

以前からあるB&B(ベッド&ブレックファスト)やホームステイなども、利用数や料金を調べて見ると、特別安くは無いにもかかわらず、多くの人々が利用されています。

旅行者の心理は、旅行地での観光も楽しみの一つですが、それと同時に、安心安全に宿泊で来て、且つ、現地の人々の生活の中身を見たいとか、現地の人と繋がって、直接、話をしたいと言うのも、もう一つの楽しみのようです。話をすることで心と心の絆ができ、心の中が温まるようなアットホーム的な、まるで、自分も家族の一員になったような雰囲気を体験したいのでしょう。そして、このような体験を求める旅行者が増え続けているそうです。
結局、ホテルは便利な場所にあり、星の数の多さに応じてサービスの完ぺきさを得ることが出来るのですが、一人で泊まれば孤独さを感じるのも事実であり、従来のホテルでは得られないコミュニケーションを求める旅行者が増えていると言えるようです。

格安で世界中を周り、観光地の写真や自撮りを沢山撮って、後でそのアルバム写真を見たとしても特別な想い出や特別な感情は生まれてこないし、むしろ、どこか心に風穴を感じ、ちょっと寂しい感じを覚えることになります。
しかし、味のある良いコミュニケーションが出来た旅行での写真は、1、2枚見るだけで、頭の中には、走馬灯のように、どんな会話をしたのか、その話の内容を詳しく思い起こすことが出来、コミュニケーションで得られた暖かい印象に満足し、心が満たされるものです。

私たちがホームステイを始めた動機は、スカイプイタリア語レッスンの生徒さんの一人が「先生の家に行ってみたいです。」と言われたことから始まりました。 
実際にお泊り頂いて気づいたのですが、宿泊される方が新しい風を持ってこられると言うか、十人十色の如く、お泊りされる人の様々な考えや行動を見て、家族みんなが良い刺激を受けることも楽しみの一つなのです。家族もお客様からいろいろ学べるのです。

そして、私の家の特徴が、トスカーナのマレンマ地区のど真ん中にある大自然な環境の丘の上の一軒家なので、野生動物も出没しますし、超有名なブルネッロのワイナリー「ポッジョ・アンティコ」等や人気の高いサッフレディのワイナリー「レ・プピッレ」が近くにありますし、また、先住民エトルスキの遺跡見学の出来るソバーナ、中世時代の雰囲気に包まれた街(ボルゴ)のピティリアーノ観光も出来ます。
1homestay001
ホームステイを提供している私の家

2maremma4
敷地に出没する鹿、この他、イノシシ、野ウサギ、ヤマアラシ、キツネ、タヌキ、ハリネズミ・・・

3_2713
有名なブルネッロワインを、ポッジョ・アンティコのカンティーナでテイスティング・・・

4poggioantico02


5pupille1
人気のサッフレディのワイナリー「レ・プピッレ」

6pupille8


7pupille2


8pitigliano_88
最も美しいボルゴの一つに認定されているピティリアーノで中世時代の雰囲気を感じては・・・

9IMG_0849
チーズコンクールで最優秀賞を受賞したペコリーノチーズ『リセルヴァ』がホームステイの朝食に・・・

10_20180902_4
敷地内で採れたポルチーニ

11_2414
敷地内で採れたサクランボ

12maron5
敷地内で採れた栗で、「栗バーベキュー」も・・・

13saturnia_3
サトゥルニア無料大露天風呂

14saturnia7
サトゥルニア温泉ホテル

15petriolo8
ペトリオーロ無料露天風呂

16sanfilippo_12
バーニ・サン・フィリッポの無料露天風呂

さらに、マレンマは農産物に恵まれているので、マレンマ郷土料理、ペコリーノチーズ、ポルチーニなどの美味しさを求められる人には、是非、味わっていただきたい食べ物が沢山ありますし、敷地内や近所では、野生のアスパラガス採り、サクランボ狩り、ポルチーニ狩り、栗拾いなども出来ます。

私がトスカーナに住んで、最も素晴らしい恵みと感じるのは、自宅が3つの温泉に囲まれていると言うことです。
テルメ・ディ・サトゥルニア温泉(Terme di Saturnia)の無料露天風呂とホテルの温泉施設が、
テルメ・ディ・ペトリオーロ温泉(Terme di Petriolo)の無料露天風呂と温泉施設が、
バーニ・サン・フィリッポ(Bagni San Filippo)の自然の森の中の無料露天風呂とホテルの温泉施設が、
いつでも日帰りで気軽に利用できると言うこと。
先日は、ヨーロッパ在住の日本人女性が露天風呂巡りに来られて、とってもご満足され、帰られてからすぐに、心も体も癒された旨の感謝のメールを頂きました。このように、イタリアの隣国からも、もちろん、日本からも露天風呂と美味しいワイン、そしてトスカーナ観光をご体験されてご満足されることが何より嬉しいものです。

私たちは、食べ物にこだわる家族で、健康は毎日の食べ物から作られると信じ、いつも、考えて健康的な食材を購入したり、畑から採れた新鮮な無農薬有機栽培の野菜を手作りで料理して食べていますが、私達家族と同じ食べ物を希望されるお客様には、喜んで一緒に食べるようにしています。(記事ホームステイの朝食へ)

もちろん、特別なトスカーナの郷土料理を食べたいお客様には、最寄りのトラットリアにお連れ(送迎無料)してこの地域の独特な料理を堪能していただくこともお薦めしております。このトラットリアの特徴は、安くて美味しい手作りの郷土料理が食べられると言うことです。地元のペコリーノチーズやパッパルデッレの美味しいソースをかけた料理、チンギアーレ(イノシシ)を用いたサラミや料理、リボッリータ等の煮込み料理なども含め、沢山のトスカーナを代表する料理をご賞味いただけます。

「私も泊まれるかしら!?」、「温泉巡りを体験してみたい。」、「ワイナリーに行ってカンティーナ見学&テイスティングをしたい。」、「エトルスキーの遺跡を見たい。」、「本場の美味しいペコリーノチーズを食べたい。」、「大自然の中で日頃の疲れを癒したい。」などと思われたら、marchesifiorenza@hotmail.com宛てにメールでお知らせくださいね。
あなたのご訪問を楽しみにしています。

    


イタリア語会話リスニング教材「ascoltiamo in italiano 1」の100会話をダウンロードしよう!
asco1cover_mini


イタリア語会話リスニング教材「ascoltiamo in italiano 2」の80会話をダウンロードしよう!
asco2cover_mini


「イタリア語会話リスニング教材!遂に完成!」のasco.1のブログ記事
http://italianojuku.blog135.fc2.com/blog-entry-200.html


スカイプ イタリア語会話レッスンの様子を動画でご紹介しています!


スカイプでレッスンできるイタリアーノ塾のサイト↓
http://italianojuku.com/


マレンマ・トスカーナの私の自宅でのホームステイはいかが?
homestay1a
↓ホームステイのページアドレス
http://italianojuku.web.fc2.com/sub7.html

★★★★★
スポンサーサイト



テーマ: トスカーナ便り

ジャンル: 海外情報

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://italianojuku.blog135.fc2.com/tb.php/263-1e125337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)