fc2ブログ

美しきトスカーナから!イタリア語も!美味しさも!楽しさも!

イタリア・トスカーナから美しきトスカーナ情報やイタリア語会話レッスン、イタリア料理レシピ等、イタリアに関する様々な報情をお届けします。

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

私のパドヴァ ストーリー part4 

             (私のパドヴァ ストーリーpart1 から読む)
2004年から2005年にかけて、何度もジェノヴァからパドヴァに家族みんなで来て、実家のパドヴァ郊外に泊まりながら改築業者がドンドンと作業を進めるのを見守りながら、時には指示をして改築を進めました。
幸いに、子供は小さく、幼稚園に通っていただけなので、いつでも幼稚園は休めるし、旦那は有給休暇を使用して会社を休めば、定期的に改築に立ち会うことができたのです。
この時期は、改築現場を見てから、家族で小旅行を企画して、パドヴァ市内、ヴェネツィア、アジアゴ、ガルダ湖などに訪れ楽しんだりもしました。

私たちはジェノヴァとピエモンテの中間にあるジェノヴァ郊外の標高600mに住んでいました。
住んでいる場所は、地元の人が「アラスカ」と呼んでいた通り、冬はとても寒い場所でした。
そして2005年の冬は、記録的な寒波が訪れ、連続的に雪が降っていて、ガラヴェルナ(Galaverna)と呼ばれる樹氷が家の周りにできたのでした。
Galaverna1

Galaverna2
このピエモンテに近い場所で私はイタリアで初めてガラヴェルナを見ましたが、木の幹や枝や葉が全て氷で覆われ、道の上にも分厚い氷が続き、車も分厚い氷におおわれて、旦那は会社に行くことができませんでした。
この年は、ガラヴェルナから始まり、ブリアンと呼ばれる、遠く離れたシベリアから押し寄せてくる大寒波に見舞われて、冷たい風の吹雪が長く続いたのです。
私たちは、幸い、ブリアンが訪れる前に、平野で雪も少ないパドヴァ郊外の実家に来ていましたので、その大寒波からは逃れることが出来ましたが、後で、ジェノヴァの家に戻って近所の人から話を聞いたところ、そのブリアンは何日も続き、気温はマイナス17度にもなったそうです。
私たちが借りていたジェノヴァの家は、夏のバカンス用に作られていたので、壁は薄く、ストーブでいくら温めても家の中は寒く、靴下を履き、ウールの帽子をかぶって寝なければなりませんでした。
ブリアンが過ぎ去ってからパドヴァの実家からジェノヴァに戻った時、どのくらい寒かったのかが分かる出来事がありました。
それは、トイレに座ったとたん、トイレが真っ二つに割れたことです。 
修理をしてくれた人の話では、トイレの中の水が凍って膨張して割れたのだろうと言うことです。
今思えば笑い話のようですが、家の中がこんなにも寒くなるなんて信じられないほどの出来事でした。

やがて、5月になり、家の改築が終わりました。
屋根も内装も見事に全て新しくなり、パオラの住んでいた家は人に貸すことができるようになったのです。
改築費用は5万5千ユーロ(=660万円)でした。
結構お高い改築費用を取り戻すためにも、イタリアの無料宣伝広告サイトのwww.subito.itに貸家として登録し掲載しました。
このサイトは、不動産(Immobili)、マーケット(Market)、ビジネス(Lavoro) 、バイクと車(Motori)の中古や新品等どんな物でも販売や宣伝広告することができて、イタリアでは最も閲覧数の高い人気の広告サイトです。

沢山の応募者が家を見に来てくれて、わずか1週間で、4人の家族に貸すことが決まりました。

そして、敷地に入る門も新しく自動扉を設置して、ベルタとも賃貸契約を更新しました。
padova4_1

これで私は頻繁にパドヴァの家を訪ねなくてもよいことになったのでしょう。

家を外から眺めました。およそ半年で、家は見事に改築され、ボロ家から新しい家になり、もし、父が生きていてこれを見たら、きっと満足するに違いないと思いました。
padova4_1a

padova4_2

padova4_3

padova4_4

padova4_5

padova4_6

padova4_7

padova4_8

padova4_9

padova4_10

padova4_11

padova4_12

これからは、私たちの道に専念できると言うか、今まで重く感じていたパドヴァのボロ家は、ようやく「肩の荷が下りた!」と言う感じです。
そして、ふぅーっとため息をするかのように、安心した気持ちでジェノヴァの家に戻ることが出来ました。

《 私のパドヴァ ストーリー part5 に続く 》

    

貴方のイタリア語会話を上達させる会話レッスン!
イタリア語会話コース http://www.italianojuku.com/sub46.html


イタリア語会話リスニング教材「ascoltiamo in italiano 1」の100会話をダウンロードしよう!
asco1cover_mini


イタリア語会話リスニング教材「ascoltiamo in italiano 2」の80会話をダウンロードしよう!
asco2cover_mini


「イタリア語会話リスニング教材!遂に完成!」のasco.1のブログ記事
http://italianojuku.blog135.fc2.com/blog-entry-200.html


スカイプ イタリア語会話レッスンの様子を動画でご紹介しています!


↓スカイプでレッスンできるイタリアーノ塾のサイト
http://italianojuku.com/


マレンマ・トスカーナの私の自宅でのホームステイはいかが?
homestay1a
↓ホームステイのページアドレス
http://italianojuku.web.fc2.com/sub7.html


↓イタリアの塾が提供している「サイトページ無料プレゼント
無料サイトページのサンプルと詳細

★★★★★
スポンサーサイト



テーマ: 自作連載小説

ジャンル: 小説・文学

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://italianojuku.blog135.fc2.com/tb.php/270-fca817d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)