美しきトスカーナから!イタリア語も!美味しさも!楽しさも!

イタリア・トスカーナから美しきトスカーナ情報やイタリア語会話レッスン、イタリア料理レシピ等、イタリアに関する様々な報情をお届けします。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

レストランでの「ぼったくり」に要注意! 

ローマのレストラン「イル・パッセット」でボッタクリに遭った日本人が695ユーロ(9万3千円)も払わされた2009年の事件は、皆さんもご存知と思います。
truffa2_1


ご存じない方のために、説明しますと、

・ガイドブックに掲載されている店に着いた。

・お客がいないので不審に思ったがウエーターに声をかけられレストランに入った。

・食材やメニューを見せられたが、イタリア語が分からず、「お任せ」した。

・ワイン、前菜、そしてロブスターがのったスパゲティが出された。

・695ユーロと記されたレシートを見せられ、サインを強く要求された。

・無理やりサインをさせられ店を出た。


上記以外にも、客の顔を見て、外国人だったり、日本人だったりすると、コーヒーやアイスクリームを2倍、3倍の不当な料金を請求する例もあります。

このようなレストランや飲食店などのケースでも、ちょっとした注意や対策をするだけで未然にボッタクリは防げるものなのです。それでは、ぼったくりの被害に遭わないためのちょっとした注意や重要な対策を見てみましょう。

① イタリアのレストランは、各料理に料金を表示したメニューを展示する義務があります。従って、レストランに入る前、或いは注文する前に、メニューを見て料金を確認しましょう。
truffa2_2


② ウエーターがメニューを持ってこないで本日の料理を声で伝える場合、お客側から、メニューを持ってきてくださいと要求します。イタリア語ではこう言います “Mi porti il menu`, per favore.”

③ 全ての料理に値段が付いていることを確認する。

④ 特に、Coperto(座席料・テーブルチャージの意味)やServizio(サービス料)等は自由価格なので、それらの料金がメニューに記されているか確認しましょう。

⑤ 新鮮な食材と偽った冷凍食品にも注意しましょう。法律的に、メニューには「*(アスタリスク)」で冷凍食品を表示する義務があるので、勧められた食材やメニューを確認しましょう。冷凍食品はイタリア語でこう言います“prodotto surgelato”

⑥ ワインの価格もお店が自由に設定できるので、価格を確認しましょう。ワインがメニューに記されていない場合は、ワイン価格表(Carta dei vini)を貰ってください。

⑦ 食事が終わって領収書を貰った時に、メニューの価格と領収書の金額が合っているか確認しましょう。

⑧ 領収書は直ぐに捨てず、ある期間保管しましょう。

⑨ チップは決して義務ではありません。

⑩ メニュー価格と領収書の金額が不当に違っている時には112番に電話してお巡りさん(Carabinieri)を呼びましょう。
truffa2_3


クリックして応援してください!

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村ポチっと応援お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト

テーマ: イタリア

ジャンル: 海外情報

コメント

とても役立つ情報ですね~ありがとうございます
確かに店の前にメニューが書かれているのは、よく目にしますが
義務付けれているとは知りませんでした
copertoやservizioは見落としがちですね
しっかり覚えておいてチェックしますねっv-221

ciaomami #0OF0GxPA | URL | 2010.10.31 21:09  edit

どんなことでも、知ると知らないとでは大きな違いなんですよね。
特に、法律的なことであれば尚更のこと。
だから、今回のボッタクリの例では、ウエーターが強気にサインさせたのですが、法律的なことを知っていれば、お客側も強気の態度で、サインをしない!警察を呼ぶ!などの別の展開になっていたかもです。

また、このようなトラブルイタリアのカテゴリのものを書きますので、お役に立てれば幸いです。

italianojuku #- | URL | 2010.11.01 18:18  edit

それと日本語のメニューがある場合、オリジナルメニューと照らし合わせた方がいいですね。
日本語メニューの方が、高い料金が表示されている例をいくつか見ています。
コントの際にもらうレシートも良く見ます。
注文しないものが載っていたり、ひどい場合は違うテーブルのものが来ていたなんて事もあります。

スーパートスカーナ #- | URL | 2010.11.13 11:21  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://italianojuku.blog135.fc2.com/tb.php/33-ad80fac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。