美しきトスカーナから!イタリア語も!美味しさも!楽しさも!

イタリア・トスカーナから美しきトスカーナ情報やイタリア語会話レッスン、イタリア料理レシピ等、イタリアに関する様々な報情をお届けします。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

イタリア語検定試験合格!よく頑張った!おめでとう! 

生徒さんからイタリア語検定試験合格のご報告と感謝のメールがあり、とても嬉しい。合格して本当によかった!!

生徒さんが合格したのはCILS試験のB1。昨年、5科目中4科目(聞き取り、文法、作文、会話)を合格されており、不合格した科目のみを1年以内で持ち越して受験できると言うことで、今回挑戦した科目は、前回不合格となった読解(Lettura)のみ。
レッスンを開始する準備として、読解(Lettura)試験内容を把握したものの、約2ヶ月間の短期間レッスンでは、本気で集中的にレッスンしないと合格できない可能性も・・・。しかも、前回の読解(Lettura)試験をイタリア人の私も挑戦したのですが、トリックのような混乱させる内容もあり、且つ、試験時間が短いことで、かなり難しいと感じました。

下記は、2011年6月のCILS試験の読解(Lettura)で採用された幾つかの長文読解試験の一つで、その最初の部分です。
cils_es1


下記は、上記の長文を読んで解答する問題の一部。ここでは2つだけしか掲載していません。
cils_es2
 

そこで、全てのイタリア語検定試験に対応している「イタリアーノ塾」がCILS試験のLettura対策として自信を持って準備したのは、Letturaに関する問題を豊富にまとめた最新のイタリア文部省認定の教材テキスト。
このテキストは文部省が認定していることから、CILSも含めイタリア文部省認定の全てのイタリア語検定試験には、このテキストから出題される可能性もあるのです。従って、このテキストのCILS試験のB1レベル相当の問題を厳選し、出来るだけ多くレッスンしていただくことが合格への道と考えました。

生徒さんからも、スカイプ画面を通して、レッスンに対する真面目さや情熱が伝わってきました。私も、講師を信頼してくれる生徒さんの気持ちや態度に応えたい気持ちで一杯でした。2ヶ月間の短い準備期間の為、対策期間としては十分ではなかったもののLettura問題のみを集中的にこなすことで効率よくレッスンできました。

振り返ってみると、今回の難関CILS試験を克服できたのは、なんと言っても生徒さんの頑張りでした。レッスンでは私の用意した問題に真剣に取り組み、いつも集中力を維持した生徒さんがご自分の能力を高めたことで合格したのです。レッスン以外にも、復習の意味でお願いした宿題をも見事にこなしてくれました。合格に向けてのお手伝いが出来たことが、本当に心から嬉しかったです。

ただひとつ、これから受験される生徒さんへのアドバイスとしては、出来れば、2ヶ月前からよりは、3ヶ月前から、或いはもっと準備期間を十分に用意されたほうが、より合格への確立が高まることを付け加えておきます。

因みに、CILS試験とは?
CILS(La Certificazione di Italiano come Lingua Straniera)とはイタリア語能力証明書という意味で、外国語としてのイタリア語能力の習得レベルを公式に認める証明書です。CILSはシエナ外国人大学によって授与され、イタリア政府によって認証されています。
cils_level
上記一覧表は、CILS試験の各レベルについてとその目安を説明するものです。

イタリアの大学では入学の際、CILS(B2)の認定証が必要となってくることや、また企業でも外国人を雇用する場合、滞在許可証発行手続きの一つとして、CILS認定証がイタリア語能力の証明書となることから、イタリアでは知名度の高い認定証と位置付けされています。
イタリアの大学入学に興味のある方、イタリアで仕事をしたい方は、まず、CILSのイタリア語検定試験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


クリックして応援してください!

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」!
http://italianojuku.web.fc2.com/

海外旅行にとっても便利な携帯通訳のお薦めサイト“私の通訳者「マイ・インタープリター」”
http://myinterpreter.web.fc2.com/


FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 

皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!

スポンサーサイト

テーマ: イタリア語

ジャンル: 学問・文化・芸術

イタリア語  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://italianojuku.blog135.fc2.com/tb.php/61-a2f58a09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)