美しきトスカーナから!イタリア語も!美味しさも!楽しさも!

イタリア・トスカーナから美しきトスカーナ情報やイタリア語会話レッスン、イタリア料理レシピ等、イタリアに関する様々な報情をお届けします。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

検定合格!&イタリア語の一言(画像付き) 

画像に書いてあるイタリア語の一言を訳すと、
「クリスマスの夜まで、あと〇日足りない!」
.................................(画像の日にちだけが毎日変わります。)


 


先日、実用イタリア語検定試験4級に合格したとのご報告をお二人の生徒さんから頂きました。
3級同様、合格率が低くなっていたのですが、見事合格されて本当にうれしいです。
合格された生徒さんたちは、それぞれ2回目、3回目が不合格になっていたことで、今年から「イタリアーノ塾」でレッスンを始められた生徒さん達です。

イタリア語を始められて間もない方にとって、検定4級に合格することはとても大変なことと思います。
検定試験合格は自分のレベルを試すひとつの手段ですから、合格して一番うれしいのは本人だと思いますが、講師も本人以上に嬉しいのです。

なんと今年受験された生徒さんは全員合格しました。100%の合格率なので、生徒さん同様、私講師も本当に心から嬉しい気持ちで一杯です。

先日、イタリア語検定試験について、ある関係者とお話しした際に、合格率を見ながらその方が言われたことですが、「最近のイタリア語検定試験はレベルが上がってちょっと難しくなってきたのかも・・・」、「受験者の勉強の仕方に問題があるのかなぁ・・・」、「独学者が増えたことが関係している!?」等とおっしゃっていました。

後になって考えたのですが、それぞれ合格率が下がっていることが事実ですので、前の試験との難易度の比較はできないですが、合格が難しいことはその通りと思います。また、勉強の仕方を考えてみると、英会話のレッスンでも同じことが言えるのですが、正しく効率よく学ばれているかどうかが問題ではないでしょうか。

会話だけでのレッスンで自分の好きなことだけおしゃべりするレッスンや話しできることだけ会話するレッスンが多いと聞いていますが、やはり、目的に向かって、問題分析をして受験対策をしっかり手抜きなしで計画的に進めていかないと合格は難しいのかと思います。 また、独学の方は、難しいイタリア語の間違いをどのようにして克服されるかが気になります。
独学では誰も間違いを訂正してくれないので、間違って覚えて、それでイタリア語を滅茶苦茶に話される方も、実際、多くいらっしゃるのです。

イタリア語は、イタリア人の小中学校や高校に通う子供たちを見てもわかるのですが、毎日、イタリア語の文法を一生懸命勉強しても、いつも間違います。特に動詞の変化は間違いやすいです。イタリア人の子供たちは、毎日、宿題を抱えて正しいイタリア語を習う努力をしているのです。

イタリア人の子供たちでさえ間違いだらけであることを知っているイタリア語を母国語とする講師の私が、「独学」と聞いて最初に感じることは、何てかわいそうなこと!正しく習うことは不可能に近い!と言うこと!

イタリア語は、文法、作文、リスニングの各要素をそれぞれバランスよく高めることで正しいイタリア語を話すことができるようになります。これが、ヒントになるかどうか、より多くの方が正しいイタリア語を話せるようになればと思います。

「イタリアーノ塾」では希望される生徒さんに宿題を出していますが、宿題の間違い訂正はとても感謝されています。やはり、間違いに気づいたら正しいイタリア語を覚えることができるので、独学の方のように、誰にも間違いを指摘されない(間違いに気づかない)ということは大きな欠点だと思います。

今日は、イタリア語検定試験合格を聞いてのうれしい気持ちと正しいイタリア語を学ぶ方法について感じたことを書いてみました。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m

私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」!
http://italianojuku.web.fc2.com/

海外旅行にとっても便利!携帯で通訳する“私の通訳者「マイ・インタープリター」”
http://myinterpreter.web.fc2.com/

クリックして応援してください!


FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 

皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!

スポンサーサイト

テーマ: イタリア語

ジャンル: 学問・文化・芸術

イタリア語  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://italianojuku.blog135.fc2.com/tb.php/71-53208ad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)