美しきトスカーナから!イタリア語も!美味しさも!楽しさも!

イタリア・トスカーナから美しきトスカーナ情報やイタリア語会話レッスン、イタリア料理レシピ等、イタリアに関する様々な報情をお届けします。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

仙人のエルヴィン_Part2 

サブタイトル: エルヴィンの家に行く

いよいよ今日はエルヴィンの家にピクニック!
暖かい春の日差しの中、ワクワク気分でお出かけです。
ベアトリーチェから言われたことですが、「皆、何か1品料理を持参して来て!」とのこと。私たちは2kgの手作りパンを持っていくことにしました。
それに、エルヴィンの家までは結構歩くとのことでしたので、登山靴、長ズボン、帽子にリュック、水筒などを持ってハイキング気分です。
集合場所は、Monte Labroの麓に住んでるベアトリーチェの家。

ベアトリーチェの家まで車で行くと、他の参加者数人もいた。皆、ドイツ人で、ベアトリーチェの近くに住んでいる歯医者さんご夫妻、オリーブオイルの生産地として有名なSeggianoに住むオリーブオイルとワインの生産者でドイツ市場に販売している事業家の方もいた。
写真はセッジャーノのオリーブオイル祭りの一コマ
seggiano

お一人で参加した歯医者さんの友人のドイツ人の方は、自分から自己紹介し、癌の手術をしたばかりで、健康食としての山草に興味があって参加させていただいたと言っていた。

ベアトリーチェは娘のユッリャも連れていた。ユッリャ9才と私の娘の利多(Rita)8才、息子の富男(Tomio)6才は、皆、ロッカルベーニャ(Roccalbegna)の小学校で同じクラスで勉強している仲間だ。小学校全体で16人しかいないので1年生から5年生までが1クラス一緒に勉強している。少人数なので、まるでホームスクールのようなイタリアでも珍しいユニークな学校だ。
写真はロッカルベーニャのシンボル「Rocca」。
roccalbegna

ベアトリーチェの家の敷地に車を置いて、エルヴィンの家に向かって歩き始めた。
エルヴィンの家までは道が無いと言われたのには驚いたが、草が高く生い茂った野原をみんなで歩きながら、楽しくお喋りしながら進んだ。

野原を超えると雑木林の山に入った。道が無いので2度と来れないのではと思いながら、獣道のようなところを登った。するとベアトリーチェが私に言った。「橋の無いアルベーニャ川を渡らなければならないけど、たぶん大丈夫よ。」
私を落ち着かせようとして言ってくれた言葉でしょうが、逆に心配し始めた。(子供たちは渡れるのだろうか!?)
間もなくすると、川の音が聞こえてきた。川の流れの音は「ゴォーゴォー」と渓谷を流れる急流で勢いのある川だ。川には2m程の岩がごろごろと並んでいた。
albegna

(エルヴィンはいつもこの川を渡って行き来しているのか? それなら大丈夫かな。) 
でも、岩の形も不揃いで滑り落ちそうな岩が沢山あり、岩と岩の間隔も1メートル程なので、ジャンプしないと渡れないし、落ちたら、急流の流れに飲み込まれてしまうほどで、水量もありちょっと怖かった。

ドイツ人は素早く問題なく渡った。最後は私たちの番。旦那は川の真ん中の岩に立ち止り、前後にフラフラしながらも、子供たちの手を取りフォローした。利多は無事に渡った。

富男は怖くてなかなか私の手を放そうとしないが、旦那の伸ばした手に行こうとジャンプした瞬間、石鹸のように滑って川に落ちた。
私はショックでフリーズ状態。
皆、びっくりしながらも、川に落ちた瞬間、流される前に直ぐに富男を持ち上げたが、帽子から靴まで全身びしょ濡れ。
すぐに濡れた服を脱がせた。着替えなどは準備していなかったが、幸いベアトリーチェがトレーナーを持っていたので貸してもらい、おんぶされエルヴィンの家まで行くことになった。

ジャングルのような獣道をアップダウンしながらようやく草原の山側の端っこにあるエルヴィンの家に辿り着いた。着くとすぐエルヴィンの家の屋根の上に濡れた服や靴を干した。
なんとエルヴィンの家は地の精(Gnomi)が住むような家だった・・・

続く・・・
続きの記事part3を見る(←クリック)

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村 いい記事と思われた方はポチっと応援お願いしますm(_ _)m
私が教えるスカイプイタリア語のサイト「イタリアーノ塾」!
http://italianojuku.web.fc2.com/
海外旅行にとっても便利!携帯で通訳する“私の通訳者「マイ・インタープリター」”
http://myinterpreter.web.fc2.com/
クリックして応援してください!

FC2ブックマーク
FC2会員の方で、まだブックマークされていない方はどうぞ! 
皆さん、宜しければ、お気に入り(=ブックマーク)に入れてチェックを!

スポンサーサイト

テーマ: トスカーナ便り

ジャンル: 海外情報

田舎生活  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://italianojuku.blog135.fc2.com/tb.php/94-07d5f60b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。